Moderaからのご案内

2019. 9.13(金) 

 9月に入ってからも残暑の厳しい毎日。昨日は猛暑が少し和らぎましたね。皆様、お変わりありませんか。教室の発表会を無事に終えられ、ほっとしたのも束の間、両親の手伝いと息子の学際と次々に秋行事に追われております。そんな中、今年はFBのページに大人連弾の2曲を動画でアップしてみました。仕上がりにはたくさん思うところもありますが、きっとあの日のあの時間に、精一杯頑張った結果だったと思います。反省をばねにして次回への成長につなげたいと思います。また機会があればご覧下さい。
 生徒さんたちも、発表会を楽しみ、一生懸命頑張れた1日だったと思います。どれも印象深いですが、高校生2人とリレー連弾ができたのはとても嬉しかったです。2人とも習う時期は小学校中学年あたりでゆっくりなスタートでしたが、今も通い続けてくれていること、こんなにもピアノが弾けるようになったこと、十分大人になってからもピアノを楽しめる力が身についています。こういう姿を見ていると、スタートの時期はいろいろでも、気持ちとピアノへの関わり方がしっかりマッチしていれば結果が伴ってくるのが分かります。これからも、ピアノを好きな気持ちを大切に。私も、生徒さんたちの励みとなるよう、今後も発表会創りに情熱を注いでいきたいです。



2019. 8.16(金) 

 お盆後半に大きな台風となりました。予報で聞いていた降雨よりも、風の強さが印象的でした。わが家は、細長く伸びていたシマトネリコの枝が折れていましたが、みなさん、お変わりありませんか。
 
トピックスのアップが大変遅くなりました。プログラム内容も例年のごとくとても悩んで、曲順は聴きやすい形か、着替えの時間はとれているか、一人が大体2回登場するので、その登場間隔はしっかり確保できているか、小さい発表会ながら、たくさん考えながら作成しています。本番まで2週間ほど。お盆明けの今日から、レッスンのラストスパート期間に入ります。さらにさらに、気持ちを入れて毎日を大切に過ごさなくては!がんばります!


曲紹介(詳細・抜粋)

◯ソロ

動物の楽隊・バスティン

ポルカ・ブレスラウアー

踏まれた猫の逆襲・平吉毅州

女王様のメヌエット・ギロック

魔女のおどり・クラック

ジプシーの踊り・リヒナー

タランテラ・プロコフィエフ

ソナチネ第1番・カバレフスキー

月の光・ドビュッシー

華麗なる大円舞曲・ショパン


◯連弾

組曲 魔法の王国・池田奈生子

LALALANDより4曲

(ソロ ヴァイオリン も有り)

アラジンより ホールニューワールド・Alan Menken

名探偵コナンより メインテーマ・sound24

≪6手連弾≫

オリエンタル・バザール・ギロック

≪リレー連弾≫

恋するBメンズ・春畑セロリ



○ヴァイオリン

バイオリン協奏曲 イ短調・ヴィヴァルディ



2019. 7. 4(木) 

 やっと徳島も梅雨入りしたかと思ったら、涼しい日もあって。こんな涼しい梅雨なら、問題なく頑張れる!なんて思っていたら、今日の蒸し暑さ(^^;やっぱり日本の梅雨です。発表会に向けて曲決めも進む中、小さい連弾組曲の配布が停滞気味。。ソロ曲でだいぶ難しいものにチャレンジした生徒さんが多かったためですが、丁寧に譜読みを進めているとやはり時間がかかってしまいました。でも、少しずつ、着実に自分のペースで過ごせたことで、きっと暗譜も早く、最終の仕上がりは早いと思います。来週で組曲の配布も一気に終わらせて、高校生のお姉さんたちのsecondパートを割り振れば、プログラムの見通しもほぼ完了。もう一息です!夏休みももうすぐそこ。また、追われる夏がやってきました。


連弾曲 ☆4手連弾

リレー連弾「恋するBメンズ」 春畑セロリ

      小さな連弾組曲 「魔法の王国」 池田奈生子

      映画「LA LA LAND」から 3〜4曲

      アニメ「名探偵コナン」豪華バージョン sound24

     ☆6手連弾

「オリエンタル・バザール」ギロック



2019. 6. 3(月) 

 どっと暑かった3日間が嘘のように、先週は五月晴れらしい清々しい日が多かったですね。そして相変わらず朝晩の冷え込みに気を使う毎日ですが、そろそろ梅雨入りも間近。過ごしやすい今のうちに、体もリラックスさせながら無理せずで。
 先週、町内にやっと完成した「文化ホール」の内覧会に参加してきました♪大ホールと楽屋等の見学が何よりの目的で伺い、演奏会時には反響板となる壁をV字に組み変えられステージ内に奥行きが出る創りとなるようで、2階席からも見やすく、ステージと客席前列はフラットな感じであることにも目が止まりました。実際に音の響きが確認できなかったのが残念ですが、期待は大きいです(^^)ピアノはまだ搬入されていませんでしたが、スタインウェイが入るとのこと。うちの教室が利用するとなると、参加人数によっては大きいかも・・と感じますが、生徒さんたちには、年に一度ちゃんとしたホールで舞台経験をさせてあげたいという想いもあり、課題をたくさん持ち帰ったのでした。ホール予約を考慮すると、いろいろ考えすぎている時間もないのですが(苦笑)まずは目先の今秋の発表会に向けてがんばります。



2019. 5. 8(水) 

 大きなGWも終わりました。中には、休日参観の代休が昨日になっていて11連休だった学校もあるようですね。長いです(笑)
 教室では今週から発表会のソロ曲を配布し始めました。GW中に悩んでもらえるように生徒さんへはいくつか候補曲を提案しておいたのですが、みなさんそれぞれに1曲を選んでくれて、その表情から、私も選曲に時間をかけた甲斐があったと感じています。そう。私は、曲を選ぶ際にとても考える方で何度も何度も行ったり来たり。生徒さんを思い浮かべて、生徒さんのイメージや好みそうなもの、練習のペースはどうかな、昨年はこの曲だったから今年は、なるべくまだ誰も会で弾いてないものは、といろんな角度から練っていきます。せっかく長期間練習時間をかけて仕上げるものであるし、年に一度の発表の場でもある。普段なかなか触らない曲で生徒さんの刺激と思い出になるよう、そして曲を気に入って頑張ってもらえるよう、それを何より大切にしています。
今年は例年よりも早めに動き出しました。なるべく生活の中に溶け込んで、テクニックテキストはちゃんと併用しながら本番までを過ごせたらと思っています。選曲もまだ第一段階。ソロの譜読みが落ち着いたら、連弾曲の追加です。私もがんばらなくては!



2019. 4. 8(月) 

 入園・入学の季節。ご出席される方々におかれましては、今春は桜がこの時期までたくさん残り、より一層思い出深い1日となりそうですね。おめでとうございます。進級のみなさんは、新しいクラスメイトに担任の先生。それはそれで春の大きな変化ですね。
 教室にも体験レッスンに小さなお子さんがいらっしゃり、とても「弾くこと」に興味のある女の子さんでした(^^)こういう風に、ただただ「弾きたい」と思い、素直にピアノを楽しめることが本来の求めるべき部分で、生徒さんがいくつになっても大切にしたいことなのです。その為に普段のレッスンから、どうすれば自宅練習を自発的に行えるか、仕上がりまでのペースが適宜であるか、しっかりとマッチした教材選択ができているか、を常に頭に置いて過ごしています。『素直にピアノを楽しめる』よう、新年度もていねいに。



2019. 3. 8(金) 

 県内の中学校は卒業式を迎えていますね。朝の風は冷たく強さもありましがたが、晴天で何よりです。思い出深い式となりますように。

年度末も間近。私も新たなチャレンジのひとつとして、少しずつ、生徒さんの話を紹介してみることにしました。レッスンでの身近な話やこれまでの生徒さんの思い出など。簡単なものではありますが、レッスン風景が少しでも伝われば幸いです。掲載場所は

Facebookにて、ピアノ教室Modera で検索

こちらのページで不定期にアップしていきます。またご覧ください。

 今年も発表会を9/1に予定しております。プログラム内容はまだまだ頭の中でぐるぐる回っておりますが、昨年できずに終わった連弾組曲を物語のナレーションつきでまた開催したく想いを募らせています。どこに重いきを置くか。。一番大切にすべきポイント。がんばります。



2019. 2. 6(水) 

 久しぶりにまとまった雨です。新芽も出始めて、植物には恵みの雨かもしれません。暖冬と言われた冬も立春を迎え、お雛人形を出しそびれている事に気付きました。連休こそは出さないと!良いお天気でありますように。
 お教室も年度末が近付き、新年度を意識する時期になりました。今年度は事情で卒業する生徒さんがいくつか重なったので、私自身もいろいろと思う所がありました。現代社会に応じた教室の在り方とはどういうものか。「私らしさ」が希薄にならないよう、新年度に向けて模索していけたらと思っています。大事にすべき部分を見失わないように、またがんばります(^^)



2019. 1. 7(月) 

 あけましておめでとうございます。平成も残すところ数ヶ月・・と思うと、多少の寂しさと、天皇陛下の先月お話されていた言葉を思い出し、胸がいっぱいになる想いがあります。また、新たな元号への興味ももちろんあるわけで、未来が幸多きことを一番に願われた意義ある二語であってほしいと期待しています。
 そんな今日、こちらの地域では始業式を迎え、年度最後の3学期がスタートしました。私もちょっとした抱負を決めて、少しチャレンジしようと思っています。小さなことですが、継続を大切に、できるペースからコツコツとやってみるつもりです。みなさんの今年の抱負は何ですか?(^^)



2018.12.12(水) 

 更新が滞ってしまっていました。すみません。FBでもたまにアップしているので、よろしければそちらもご覧ください。
 師走を迎え、ここ数日で一気に寒さが冷たさとなり、身体がおきざりになっている自分がいます(^^;とっても複雑で悩ましさを抱えつつですが、年相応を受け入れることも大切かな、と開き直ったりです。
 我が家に愛犬がやってきた9月末。だいぶ落ち着いてきたものの、まだまだこちらの思うようには進まないこともあり、「どうしてだろう?」と感じることも。そしてその度に感じるのは、あともう少し見てやっていたらよかったのかも、という気持ち。きっと観察できていれば改善につながる部分もあって、そのあともう5分、が毎回自分には待てていないなぁと感じています。そして人も同じだなと。過保護になりすぎない範囲で、話をしっかり聞く、言われたことには対応して、なるべく関わること、簡単なようでなかなか難しい。でもこの部分は教室でもとても大事に捉えているところです。厳しさも大切ですが、その子のペースを見極めて、これからもがんばろうと思います。どうぞお身体に気をつけて、年末年始をお過ごしくださいね。今年も1年大変お世話になりました。



2018.10.17(水) 

 運動会に秋祭り、アウトドアの好きな方は朝晩の冷え込みはありますが、昼間がまだまだ暑いのでお出かけしやすい、秋がやってきました。我が家も1こずつ行事が終わり、制服の買い替えをしながらこれも最後だなぁと、子どもたちの成長を感じている今月です。
 生徒さんも大きくなるにつれて、やりたいことが変わってきたりで、いろいろと考える時期を迎えている子もいます。そんな「考える時間」を持つことがとても大切で、これが「自分と向き合う」ということ。大人になっても、考えるべきタイミングには、しっかりと自分と向き合い悩める子であってほしいなと思います。教室内もメンバーが変わり寂しさもありながらも、将来に向かって頑張ってほしい気持ちと交錯ですが、何より本人が幸せに今を過ごし、将来へ繋がるものであってほしいと願うばかりです。私もまたがんばらないと☆



2018.9.19(水) 

 今日は娘の小学校で運動会の予行演習のようです。とっても快晴。きっと疲れて帰宅ですね。大変遅くなりましたが今月のアップです。
 
発表会も無事に終わり、初の試みであったワークショップもみなさんにご参加頂いて、ただ今集合写真&スナップを配布する時期を迎えております。本番までのレッスンでは少しでも生徒さんの自宅練習が捗るように、LINEで音源を送るように工夫していました。内容は(1.生徒さんのパート部分を私がお手本で弾いたもの)(2・私のパート部分)(3.レッスン時に録ったもの)、などです。この方法には私自身いろいろ思うところがあるのは確かです。
 
レッスン時に記憶して帰ることはとても大切なことで、その場で吸収する力を身につけていくという意味では、仕上げのために、時間延長や追加レッスンを入れながら過ごすのはとても有益です。私もそうありたい気持ちは持ち続けていますが、実際問題、覚え切れなかった部分がそのままとなり次回のレッスンを迎えるパターンもあったり、送迎のある生徒さんの場合、おうちの方には送迎の負担のかかることもあったり。内容によっては追加レッスン費用を頂戴する場合もありますが、それを極力回避できるよう年々ご請求は控えることが多くなってきています。ならば、現代に応じた形で、こちらの工夫で自宅練習が効率よくできれば、その方がスムーズなのではないだろうか?いろいろと思いながらここ数年を過ごしてきましたが、音源を送るようにしてからの成果としては、お手本にできるものがあると、それを支えにして練習意欲も生まれ、目標も定めやすいようで、どの生徒さんも自宅練習の効率は確実に上がります。基本的な「模倣の部分」は生きているということです。上手く表現できていないかもしれませんが、お教室へ通って下さる期間は、その生徒さんの時間をお預かりしているので、なるべく実りある充実した時間となるよう私も努めたく考えております。その中で発表会は大きな経験の場。全てを今の時代に準じてしまうことはできませんが、古き良きものも大事にしながら、私なりに創意工夫していきたいと思います。





2018.8.22(水) 

 とってもとっても投稿が遅くなりました。想定外に慌しい毎日でした(^^;夏休みも残りわずか。うちの地域は来週月曜日に始業式。それなのに、子どもたちの課題はまだ終わりきらず、私の方が焦ります(笑)
 発表会まで残り10日ほど。今年は途中の休憩時間を少し多めに確保して、簡単なオーナメント作りのワークショップを組んでみました。生徒さんたちの希望を採用した選曲の本年。平成最後の発表会となるので、また連弾組曲ができればと考えたりもありましたが。今できることを一生懸命に、新しいものも取り入れながら、みんなで楽しめる想い出深い一日となるよう、その願いを込めて企画しました。プラ素材の電球にリボンや造花、楽譜の一片など、好みの組み合わせで詰めたら出来上がり。1個¥100で、どなたでもご参加可能です。どうぞお試し下さい☆
 時折、秋を感じられるような風が吹くようになりました。暑さ寒さも彼岸まで。残り1ヶ月かぁ。



2018.7.12(木) 

 今週に入り長女が「蝉が鳴いててね。きっと、もうすぐ梅雨明けやな。」と口にした日がありました。この「蝉が鳴いたら梅雨明けだね」は私が父との会話で季節になると話していたものなのですが、そんな伝承というか、ちょっとした雑学というか、辞書にはない知識を知らず知らずに習得してくれていることに、嬉しくなりました。そして、二日後くらいに梅雨明けのニュースが流れ、異常気象な昨今ではありますが、生き物は今も変わらず時季に応じて生きているのだなぁと感じます。今日はさらに蝉の数も増えてきたのか、合唱の声も大きく・・(^^;大合唱ももうすぐそこのようです^^
 本格的な暑さの到来を予感させる中、西日本豪雨で大変な被害に遭われた方々におかれましては、一日も早く元の生活に戻れることを心よりお祈りいたします。

今年の発表会は。

【ソロ】 いたずら影法師 池田奈生子
道化師 カバレフスキー
ポルカ・マズルカ ベール
おひつじ 田中カレン
木馬 ニュルンベルク
スペインのフィエスタ トンプソン
エチュード ハチャトゥリアン
雪のふる日のオルゴール 湯山 昭
波のアラベスク 三善 晃
ノクターン20番(遺作) ショパン
【連弾】 天国と地獄 J・オッフェンバック
上を向いて歩こう 歌:坂本 九
I am Manami Morita
エレクトリカルパレード ディズニー
「ゲド戦記」より
テルーの唄 歌:手嶌 葵
ドレミの歌 リチャード・ロジャース

                        など

今年は連弾曲を生徒さんの希望で選曲しています。

どうしても希望のかなわなかった子もいますが、なるべく自分の思うもの、そこに近いもの、で決定しました。例年の発表会とはまた違い、自分たちの思う曲で練習を積み、舞台に立つ。また違った楽しみを感じてもらえたらと願うばかりです。夏休みも間近。レッスン計画もみなさんへ配布しつつ今週は過ごしています。もう少し発表会内容を練ろうと自分の中では考えていて、「今できること」を大切にがんばります。



2018.6.19(火) 

 梅雨の合間の晴れ間を大切に、季節の変わり目のお洗濯をがんばっていますが、なかなか思ったように進まないもどかしい季節です。遅くなりました今月のブログですが、発表会に向けて、今年は早めにソロ曲を決定し、続いて連弾曲の選曲となっています。いろいろ思いながらでしたが、今年は、生徒さんにとっても身近な曲だったり、好みのものを重視してポップスも取り入れます。うちの教室らしさは大切に、パリッとした仕上がりを目指して頑張ります^^




2018.5.2(水) 

 皐月。GWも折り返しとなり、昨日・今日は学校の地域も多いので、これからのお休みにご予定を立てているご家庭もあるかと思います。わが家は中学生の部活が開始でGWも少しずつ練習日が入っていました。私の妹もバタバタと関東から帰省予定で、大きな外出もなくGW
が過ぎてしまいそうです(^^;そんな我が家は、ただ今、中途半端になっていた各自の部屋創りに少し着手で、先月は家具も買い足し、GW前半は家具の移動と掃除に費やしました。少しずつ進めていますが、最終的な仕上がりをどこにするかだなぁと思いながら、少々悩ましいところです(笑)限られたスペースの中で、いかに快適な空間であるか。今後を見据え、閃きを大切にもうしばらくがんばることにします。



・・・発表会のご案内・・・

201891日(土)

シビックセンター4Fホールにて



上記の日程で発表会を開催致します。

今年は参加メンバーの雰囲気に合わせ、例年のプログラム内容を少し練り直そうと思っています。

生徒さんと共に、私もがんばります。



2018.4.3(火) 

 春休みも残すところ1週間ほど。徐々に入学式シーズンを迎えますね。うちも長男が中学へ進学で、下の二人の進級と共に新たな生活リズムになりそうです。新調した制服に袖を通した姿を見ると、3年を見越して少し大きめなのもあり、このぶかぶかな感じが小学校入学の頃のようで。なんだか懐かしいような微笑ましい気持ちと共に、この光景も、高校入学時にはおそらくないでしょうから、少々の寂しさも感じたり。満開の桜の中、「春」の季節感をいろんな角度から味わっている今日この頃です。
 新緑へと向かう今。どうぞみなさんも、新しい空気をたくさん取り入れながら、時には肩の力をすっと抜いて、充実した毎日をお過ごし下さい。



2018.3.4(日) 

 ひなまつりの過ぎた今日。延期になっていたお友達親子とやっと遊ぶことができました。たっぷり6時間弱かな?(笑)子どもたち5人は、久しぶりにも関わらず、慣れたペースで和やかに過ごし、私もお友達とゆっくりと、親子で有意義な時間が持てました。お天気にも恵まれたのは本当にラッキーで、庭でのしゃぼん玉、少し水鉄砲、5人でぶらっと近所まで歩きに出てきたり、外遊びも充実。自宅の積み木を使ってドミノ作りや将棋にオセロ。時に主人も将棋に参戦したりと、途中でゲームタイムもありましたが、アナログもふんだんに取り入れられた素敵な時間でした。一緒にお昼を囲んで、変なところで大笑いしたり、太陽の下を走って、別れを惜しんで。大きなことは全くしていませんが、とても人間らしい五感をいっぱい使ったこういう生活をこれからも大事にしたいと感じました。
 この度、音楽之友社さんから原稿依頼を頂き「ムジカノーヴァ3月号」内『楽譜調査室』で全3ページを担当させて頂いております。発表会の楽曲ついてのお話なのですが、発表会でも五感を大切にしている私の想いを書かせて頂きました。全国の書店、楽器店等で取り扱いされております。機会がございましたら、手にとってご覧になってみて下さい。

https://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=181803



2018.2.13(火) 

 今降雪・積雪の続く徳島です。はずせない雪だるま作りに、粉雪の舞う中のJR乗車。週末ごとに訪れる雪で、思ったように外出もできない今冬ですが、いつかは必ず春が訪れる。暖かさを心待ちにしながらも、『今を楽しまなくては』と感じます。ちょうど昨夜、オリンピックでは3つのメダルが日本にもたらされ、中でもスピードスケートの?木美帆さんの「0.3秒差」での銀メダルには、大きく心が揺さぶられました。うちの長男も、この「0.3秒」でメダルに届かなかった。その時ですら、親ながらにとても残念だったのですから、オリンピックという大きな大きな舞台での頂点に立てるか否かの状況下では、さらにご本人をはじめ、見守り支えてきた方々も、嬉しさと悔しさが溢れたに違いありません。
今回のオリンピックでは、逆境から這い上がってきた選手も多く、『次を目指そうとする欲深さ』は本当に大事なことであると強く感じます。私も、生徒さんに刺激が与えられる、魅力のある自分でなくては。



2018.1.11(木) 


 今朝起きると、窓の外は真っ白。徳島では珍しい積雪です。何年か前に、今日以上に積雪したことがあり、家族でたくさん降り積もるご近所をひとまわり。いつもとは全く違う景色にとても新鮮な気持ちになったのを思い出しました。あまりにも静かな空気と、足が雪を踏み込む、ぎゅっきゅっとした感覚。この音と、私たちの会話だけがそこにはありました。雪の力はすごいです。
 外はこんなに冷たいのに、玄関ではお正月に生けていた柳の枝から新芽が出ていたり。まだまだ早いですが春の訪れが始まったところもあるようです。今年もそんな小さな発見を大切に、充実した一年となるようがんばりたいと思います。




2017.12.11(月) 


 1年の締め括りの時期がきました。ふと、この間、知人のカウンセラーさんからの言葉を思い出したのですが。
 心の成長をする上で、家庭・学校(部活)以外の「人」というのはとても貴重な存在であると。日々の生活の中で密接に関わっていると、逆に近すぎて、言いたいことが言えなかったりしますが、そんな時に、なんの気兼ねもなく気持ちをこぼせる第三者的な存在・場所は疲れの解消につながるようです。ピアノの教室はそういう場所でもありますね、とお話を受けたことを振り返り、そう言えば、高学年以上の生徒さんになってくると「今日先生に言おうと思ってたの」「この間の、あの話ね・・」とお話をするのも楽しみにしてくれている場合も多く、会話の大切さを実感しています。本人が話したいな、という気持ちを優先で、私の相槌はエッセンス。
 お教室づくりもいろんなタイプがあるかと思いますが、私はこの会話の時間も大事にしながら、来年も生徒さんが有意義な時間が過ごせるようサポートできたらと思っています。どうぞ良いお年をお迎え下さい。



2017.11. 9(木) 


 なんだか紅葉を見ないままに終わりそうな今季。自宅の紅葉も一枝は赤く染まり、茶色と黄土色がかった黄色に緑、と、たくさんの色が混ざっています。「今しかない」ことの重要性。紅葉も今しか楽しめない貴重なものですが、私たちが生活していく上でも、今しかないから、という判断で選択することはたくさんあるかと思います
 
ピアノは情操教育であるため、してもしなくても良いものです。そんな中で、子ども時代の大事な時間を使い、ピアノを習うことの重要性をどこに求めるか。子どもさんの意欲を汲んで、が保護者の方からすれば一番の理由だと思いますが、子どものうちに習うからこそ身につけられる、いろんなことに通ずる力・感覚を得られるのがとても大きなポイントであると私は思っています。私がこの年齢になって思うのですが、音楽をやっていたから、気遣う感覚、自分を磨こうという向上心、気持ちを豊かにする力、を高められたのではないかと。もちろん感じすぎることもありますが、敏感さの良さにプラスを置いて、将来、生徒さんの支えとなる力に繋がってくれたらという思いで、毎日過ごしています。私も、いろんな物事を通じ、益々自分を高め、そして指導していけるよう努めたいと思います。



2017.10.16(月) 


 あっという間に今月も半ばを迎え、一気に寒さが増し、しばらく続きそうな雨模様。「変わりなく過ごす」が大事であるなぁと感じています。今年も残すところ2ヵ月半となりました。心身共に元気に、を心がけたいですね。
 そんな今秋。長女の書写が入選とのことで、初めて県展展示に足を運びました。娘の入選にももちろん嬉しかったですが、以前から「県展はレベルが高い」と耳にしていたので、展示を観ることにもとても興味深く、楽しみに伺いました。やはりどの作品(絵画と書写)も完成度が高く、魅力的なものばかりで、ちらほら目に入る知った名前に子どもたちとまた喜んでみたり。いろんな刺激を頂きました。娘は、習っているお習字の方で毎月出品していますが、なかなか自分が思ったような成果がでてこないことに悶々としていた所で、そんな中での今回の受賞は、娘にとっても、とても大きな励みとなったと感じます。ピアノのお教室でも同じですが、今しかできないことを充分にがんばれるように、それが本当に大事なことだと思っています。今月は小さな生徒さんもまた増え、来月からは大学進学に備えた生徒さんも通われます。良いペースで進められるよう、私もがんばります☆



2017. 9.14(木) 


 無事に発表会も終わり、今週から通常レッスン再開です。今年もたくさんの方にご来場頂き、本当に嬉しく感じております。ありがとうございました。発表会本番に向けて、選曲やレッスンの進め方、プログラム練りには、いろいろなバックグラウンドを持ちながら考えていますが、躊躇があったり、迷ったりした場合には、なるべく「決行」を選んでいます。
 
回避してそつなくこなすのも無難で安定ではありますが、チャレンジする気持ちを生徒さんにも自分自身にも大切にしたく、このスタイルで過ごしています。時に、どうしよう・・と心配が膨らみ、辛い時期もありますが、本番が終わると、決まって「よかった」と感じるので、完成度に関しては賛否あるかと思いますが、これからもこのスタンスを継続し、有意義な会となるようにがんばろうと思っております。来年も同じ時期に開催で考案中です。生徒さんが充実感を感じられる、そして工夫された内容となるよう、日常のいろいろなことに目を向けながら、自分を高めていこうと思います。
 
追伸。生徒さんから頂いたお手紙の中に、「先生はきんちょうしないのですか?」とありました。「先生も緊張するんよ(^^)」と今週お返事しました♪私も同じです。





2017年9月2日(土)


シビックセンター4Fホールにて

開場13:00
開演13:30

演奏曲紹介

◎生誕100年のギロックをピックアップ

ソロと連弾を少し


◎発表会では少し恒例となっている、メインとなる連弾曲ですが
年は「かえるのうた」を使ったいろんな連弾曲を集めています


○ブルクミュラー

25の練習曲が有名ですが、18の練習曲にも素敵なものが多く
今年は、こちらから「大雷雨」
また、25の練習曲から「無邪気」を使ってのアレンジ連弾
小さい生徒さんのかわいらしい連弾から
大人生徒さんのピアノまで(抜粋)


・轟千尋 「ママのだいどころ」

・バルトーク 「あそび」

・オースティン 「人形の夢と目覚め」

・星野源 「恋」

・バレエ曲 ドン・キ・ホーテ 「キトリ」

・モーツァルト 「きらきら星12の変奏曲」

・シンディング 「春のささやき」

など。

今年も楽しみにいらしてください(^^)



2017. 8. 7(月) 


 台風接近が心配されますね。皆さん、どうぞ安全第一でお過ごしください。毎年恒例で観に行っている鳴門の花火が中止と聞き、とても残念な夏休み。徳島では、都会のような大きな花火大会がないので、数も多めでサイズも大きいこの鳴門の花火は、とても貴重だったりします。ということで、大きめ花火を子どもたちに見せられないままになりそうですが、夏休み後半、阿波踊りは観に行かないと!と考えています。
 そんな暑さいっぱいな今月は、発表会に向けてのラストスパートの時期にもあたり、1回のレッスンがとても貴重になっています。曲によっては、なかなか仕上がっていけないものもあるので、自分の頭の中では、レッスンの「工夫」がいつもあって、同時に、プログラム内容についての「工夫」にも悩んでいます。全く知人が居なくても、ふらっと立ち寄った際に、おっ♪と興味を持ってもらえるような発表会でありたい。これが自分のコンセプトなので、いつも、ついついアイデアの搾り出しに時間を費やします。今年も、生徒さんたちが充実感・達成感を得られるような時間となるよう、ぎりぎりまでいろんな「工夫」を大事にしながら、がんばります。



2017. 6. 6(火) 


 先週は、夜に嵐のような降雨があったりで驚いた日もありましたが、昼間は雲ひとつない青空に、一瞬目にしただけでも感化されます。昨日は、いつぶりだろう?な大塚国際美術館でした。ひとり、友人の演奏を聴きにちょっとした遠出。相変わらず、素敵なシスティーナホールに、第九の歌声が綺麗に響いていました。せっかくなので、帰りにぶらっと美術館もひとまわりしましたが、ルネサンスやバロックの画を目にしていると、穏やかに観られる描写ばかりではなく、胸にぐっとくるものもあり、写真の無かった時代には、こんなにも鮮やかに描き、画から時代背景や心情を読み取れるような内容深い創りをしていると再認識。そして、私もこの年齢になって、感じられる部分もたくさん増えたのに気付き、演奏会がきっかけでしたが、思い切って足を運んでよかったと思いました。
外に出ると、モネの「大睡蓮」を囲む池には、実際に睡蓮が咲いており、思わず足が止まりました。非日常を味わった6月はじめ。フェルメールブルーに後ろ髪を引かれながら、美術館を後にし、帰路の鳴門の海の青さにも心が奪われました。素敵な音と色に刺激をもらった幸せな日でした。



2017. 5. 9(火) 


 GWも終わり、あっという間に5月の1/3が過ぎようとしています。今年はお天気にも恵まれた大型連休でしたが、みなさん、いろいろお出かけされたでしょうか?私は県外から帰省した妹夫婦と共に、徳島の緑を堪能する数日でした。県内の遠出も、身近なようでなかなか行く機会がないもの。良い時間が持てました。上勝に行った際には、まさかまさかで、家のご近所に住むご夫婦に遭遇でびっくりでした。わざわざお蕎麦を食べにいらしたとのことで、さらに驚いたものです。
 来週には長男の修学旅行。今はUSJがプラン組みされている時代で、せっかくの清水寺など、名所を巡る機会がカットされているのが、少々複雑な親心です。これは、近々、家族で京都行きを考えるべきでしょうか?()何より、お友達と元気に過ごし、元気に帰宅してほしいです。想い出いっぱいの素敵な時間となりますように。
 春のレッスンスケジュールがまだ定まらないため、落ち着きましたら更新予定でおります。授業時間、部活に通学の距離など、いろんな事情が重なりますね。来月には慣れてくるかな。



2017. 4.10(月) 


 今春は桜の開花がゆっくりで、ちょうど入園・入学式に合わせるかのような雰囲気。お天気に恵まれ、満開の中、素敵なお式となりますように。
 毎日慌しかった我が家の春休みも終わり、お教室では新しい生徒さんが増えたり、体験レッスンの方がいらしたり、と移り変わりを感じています。そんな変わり目の波に乗り、私も独身時代から興味のあった着付を、春から習ってみようか、と計画中です。いろんな学びが輪廻して、いろんなものに結びついてきますよね。音楽を学び、音楽力を伸ばすだけじゃなく、他の力になりうる可能性。この部分もとても大きなものだと感じています。がんばろう☆



2017. 3. 7(火) 


 今日は晴れ間はありつつも、風は強く、体感気温が下がりますね。寒桜の開花
を見ると、だんだんと春の訪れを感じる反面、また寒さが戻ります・・の報道を見ると、季節の変わり目を痛感ですね。卒園・卒業のシーズンとなり、徳島では今日・明日が高校入試。いろんな節目で、いろいろと感慨深いおうちもあるかと思います。
 先月聞いた講演会の中に、「子どもはお母さんのことが大好きなので、お母さんを喜ばせたい気持ちがすごくあるのです。」とありました。私は久しぶりに耳にした言葉に、一気に感慨深い気持ちになりました。親は子どもに与えすぎても、言い過ぎてもいけなくて、「本人が選んだのです」という親の言葉の裏側には、「それを選んでくれた子ども」というのが共存しているのだなと。一概に全てがそうとも限りませんが、子どもも親の気持ちを汲んで選んでくれているのかも?その可能性が少しはあるとしたら、私はもっとわが子に感謝しなくてはいけません。そう気付けたことを大事に、今後もがんばろうと思います。



2017. 2. 5(日) 


 昨日は立春。お天気も良く、日曜日の雨予報もあったので、午後から雛人形を出しました。いろんな謂れがありますが、節分・立春の時期に雛人形を出すのが良いと耳にしてからは、この時期を大事にするようにしています。
 娘を思えば、片付けは早いほど良いと言いますが、私はせっかく出したお人形を1ヶ月ほどで片付けてしまうのに少し寂しさもあったりで、旧のお雛祭りまで飾って、続く端午の節句に合わせて、がらっと五月人形と入れ替えしています。季節的なもののせいか、五月人形は5/5が過ぎるとある程度の早さで片付けてしまうのは、梅雨時期にお人形を出し入れするのに抵抗があるからでしょうか?日本の四季は、今では随分と以前よりはっきりし なくなった部分もありますが、それでも折々の雰囲気がありますね。大事にしたいです。
 昨日・今日。久しぶりに夜空を見上げると、きれいに星が見えました。まだまだ寒さがあるのを、夜空の澄んだ景色からも伺えますね。



2017. 1.11(水) 


 ぞろ目です。あけましておめでとうございます。1月も早いもので1/3が終わってしまいました。年始早々に中学時代のメンバーでの同窓会があり、昔の記憶を思い起こしす懐かしさと、これまでの経緯を聴く、新鮮な時間でした。中には、中学以来逢って無い子も居たので、すっかり見た目から分からなかったり。参加者60名、全員と話はできなかったけれど、また「5年後」で話の出ていた同窓会企画を楽しみにしつつ、私もまたがんばろうと思いました(^^)
 今年は酉年。どうぞみなさんも、鳥の如く、夢や目標に向かって羽を広げてみて下さいね☆本年もよろしくお願い致します。



2016.12. 6(火) 


 師走。今年も残すところ1ヶ月をきりました。酉年はもうすぐそこ。
 今秋。実家両親も一緒に紅葉を観る事ができ、身近なマルシェでステキなクリスマススワッグと出会ったり。姉妹の創るガーランドがかわいかったこと、長男が漏らす一言に優しさを感じたり、主人が家事をたくさん手伝ってくれるようになったり、私にとっていろんな刺激のあった毎日でした。今は、アドベントカレンダーで指折り数えてクリスマスを楽しみにしている子どもたち。さて、どんなプレゼントがやってくるのか(^^♪)どうぞ健やかにクリスマスを迎え、新年が迎えられますように☆”みなさんも、寒さが増す中、御身体に気をつけてお過ごし下さい。



2016.11. 8(火) 


 立冬を迎え、だんだんと冬支度。昨日はやっと家族みんなの衣替えが完了し、日曜日にはクリスマスツリーを出しました。今年も残すところ2ヶ月。1年が本当に早すぎます(苦笑)
 ふと見つけた2年前の神山での写真。肌寒い中、鮮やかな黄色の銀杏と一緒に写った子どもたちがとっても幼くて、随分と大きくなったなぁと驚いてしまいました(笑)子どもの成長は本当に大きいです。私もそのペースについていけるよう、自分を成長させていかなくては、と再認識でした。どう歳を重ねるか。今置かれている立場から、「ゆっくり」は難しいでしょうから、「丁寧に」過ごしたいです。

*FBでもたまに更新しています。よろしかったらご覧下さい。

https://www.facebook.com/ピアノ教室Modera-626919984080575/?pnref=lhc



2016.10. 3(月) 


 すっきり「秋」とは言えませんが、朝晩は涼しさもあったり、だんだんと秋模様になってきました。とは言え、まだまだ強い暑さの日もあるので、今年はたくさんやってくる台風も含め、運動会など秋の行事をこなすのが大変ですね。うちは先月子どもたちの運動会が終わり、続いて今月は地元の秋祭りに参加です。お神輿さんと巫女さん。巫女さんはお盆明けから毎週日曜日にお稽古が入り、何かとバタバタしているわが家です(^^;忙しさはありますが、いろんな経験ができることに価値がある、と思いつつ、人との触れ合いも感じながら過ごしています。今年度も折り返し。みなさんも、秋のいろんなイベントに参加してみたり、身近な所で秋を探してみたり、季節を感じてくださいね。






2016. 9. 8(火) 


 まだまだ残暑厳しい毎日ですね。台風も次々に近くを通過したり、不安定な今日この頃。お天気にも恵まれ、無事に9/3の発表会を終えることができました。ありがとうございました。今回はシビックセンターさんだったので、自分たちで椅子を並べる会場なのですが、100席ほど御用意して、ほぼ全部にお座り頂けたような雰囲気だったようです。これまでで、一番ご来場者があったかもしれません。幸せなことです。ご来場頂いた皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。今年は、ラストの真田丸の連弾後、「わぁ。無事に終わった〜!」という、達成感よりも脱力感の方が強かった感覚を、印象的に覚えています。
 恒例となっている連弾組曲について、「ネタが尽きてしまってきたので・・」と漏らしてしまいました(^^;一応候補としている曲はあっるのですが。あくまでも、今、大きくなってきた生徒さんが来年どれだけ残ってくれるかに掛かってくるので。ネタが尽きてきた、とは、メンバーが確保できないと連弾組曲が難しいなぁ、という点からこぼれた一言でした。その年にできる精一杯で、また来年も選曲に悩み、当日を迎えるぎりぎりまで、オリジナルさ、バイタリティーさを追求し、参加者も来場者もステージを楽しめる時間創りにがんばりたいと思います☆



2016. 8. 5(金) 


 あっという間に夏休みも半分ほど経過してきました。うちの地域は8/29が始業式なので、お盆が終われば、2学期もすぐそこ。子どもの行事や、お教室の発表会の準備を考慮して、なるべく早いうちに、子ども達が宿題を進めてくれたら・・と思っていた今夏。姉妹は終了し、残すは、案の定、5年生の長男(^^;どうしても、男子は、危機感・焦り感のないマイペースさが強いですね。私が何度声をかけても、動じません(苦笑)ちょっと、動じて欲しいところですが。
 そんな中、息子ががんばって3種類も仕上げたのが毛筆。どうやら、半年ほど前からお習字を習いに行き始めたのがとても刺激的なようで、兄妹3人共ハマっておりますが、特に長男は毛筆が気に入っているようです。初めて条幅にも挑戦し、こちらを1つと、半紙の課題を2つ。昨年までとは違う、筆の運びや作品の出来栄えに、これまで通わせたいと思いながら、なかなか通わせられなかったことの後悔と、時期が遅いかなぁと思いながらも、思い切って通わせるように動いてよかったという嬉しい想いと。デジタル化の進む世の中ではありますが、「字を丁寧に書く」という姿勢はこれからもずっと大事にしてほしいと思います。私も発表会を無事に迎えられるよう、がんばらなくては。



2016. 7. 5(火) 


 日差しの厳しさも増して、だんだんと夏へ突入となってきましたね。学校も夏休みまで残すところ2週間ほど。教室内では、連弾曲まで配布が終わり、順調に発表会へと進んでいます。今年はサン・サーンスの動物の謝肉祭を連弾でチャレンジすることにしました。参加してくれるメンバーは、今から本番を楽しみにしてくれているようで(^^)私も「がんばらなきゃ!」という気持ちになります。生徒さんからも感化されながら、私も自分の練習やプログラム作りに励まなくては。良い会とな
りますように☆”
 今年の演奏曲につきまして、少し掲載しておきます。ソロは近現代曲、邦人が多い選曲です。

☆ソロ
田中 カレン  おひつじ
湯山 昭    おやつのじかん
平吉 毅州  タンポポがとんだ
         踏まれた猫の逆襲
中田 喜直  エチュード・アレグロ
ゲール     蝶々
ギロック    雨の日のふんすい   ・・・etc.

☆連弾
サン・サーンス 「動物の謝肉祭」より抜粋
          序奏とライオンの行進
          かめ
          水族館
          ピアニスト
          フィナーレ       ・・・etc. (全8曲)

ぐるぐるぴあのシリーズ
          春が来た
          どれがドレ?

バイエル    雨
ドリーブ    バレエ音楽「コッペリア」より ワルツ
ウェーバー  舞踏への勧誘
ラベル     La valse
久石 譲    「となりのトトロ」より となりのトトロ  ・・・etc.



2016. 6. 7(火) 


 入梅。昨日は息子の小学校行事・田植えのお手伝いに参加してきました。梅雨の合間のお天気に恵まれ、子ども達ロープに沿って一生懸命、稲苗を植えていました。何かに没頭する時間の希少価値、五感を働かせ、体を動かし体験することの重要性。ふと、ピアノと通じる所があるのだなぁと感じました。
 物事は、こうやって、いろんな所へ結びつき、人間形成へ刺激を与えるものなのだと思います。どれも無駄なことではないのです。じめじめさに心を奪われないように、みなさんも身体に気をつけて、時に「丁寧に過ごす」時間を設けてみて下さいね。教室では、9月の発表会に向けてソロ曲配布が終わり、今月半ばには連弾曲を配布予定でいます。またもうひとがんばり!



2016. 5. 9(月) 


 長い方なら10連休と言われていたGWですが、みなさんいかが過ごされたでしょうか?私は妹夫婦が関東から帰省して、初めて神山の雨乞いの滝を観に行きました。滝のある場所までにちょ
っと山道を歩かなくてはならないのですが、実際に見ると、想像よりも大きくて。平地とは全く違うひんやりした空気の刺激と、水の透明感。新緑の緑色が鮮やかで、普段こういった自然と触れ合えていないことを痛感しました。たまには、こういう機会をもたなくてはいけませんね。

〇発表会開催のお知らせ

piano flower garden*

2016/9/3(土)

13:00 開場
13:30 開演

シビックセンターホール

参加関係者の方をはじめ
ご興味のある方も是非ご来場下さいね。
お待ちしております☆”



2016. 4. 4(月) 


 昨日は桜満開の中、娘の発表会でした。長女はピアノ、次女はヴァイオリン。本番までは私なりにいろいろ彼女達に思う気持ちもありながら過ごすのですが、本番が終わると、これまでをさっと流してしまえるくらい、ほっとします。発表会だからでしょうか。これまでを後悔しても仕方ないので、自然と、また今度!という気持ちが生まれます。娘二人にとって、この『今』が生きてくるのは最低でも10年後・・?と思いつつ、また次に向かってがんばります。




2016. 3. 7(月) 


 おひな祭りも過ぎて、時にとても春らしい陽気も感じられるようになってきました。私の小さい頃と違い、せっかくの気候なのに、空に濁りのあるのが残念です。
 今年も、年に一度の発表会に向けて、構想を練る一歩を踏み出しつつあります。生徒さんへはソロ曲から配布し、その後連弾曲へと進めるのですが、しっかりと決定していくまでは、プログラム内容に悩み、生徒さんと曲との相性への配慮。これまで使った楽曲が、なるべく重ならないように、毎年クラシックを基本としたいろんな作曲家が取り入れられるように、に重きを置いてイメージの毎日です。いろんな曲検索し、楽譜を見て、曲を聴いて。思えば、この時期の大変さは楽しいことなのかもしれません。先週、ホールの仮予約がなんとかとれました。また決定後、お知らせしていきます。ピアノでできること。その魅力を、生徒さんにも、聴きにいらしてくださった方にもお伝えできますように。今年もチャレンジする気持ちを大事に、がんばります。
 3月は、来月の出逢いに向けて、巣立ちの季節になります。寂しさと期待と。いろんな気持ちをかみ締めながら過ごされることでしょう。みなさんがステキな節目を迎えられますように☆”



2016. 2. 5(金) 


 今年の恵方は南南東。みなさん、恵方に向かい、7種類の具材が入った太巻を、喋らずに食べきる!がクリアできたでしょうか?(笑)なかなか、喋らずに、太巻1本食べきるのって「気持ち」が必要ですね(^^)わが家は手巻き寿司だったので、小さいサイズで、それこそ具材は3種類くらいかな。その1つずつは喋らずに食べ切れていたかなぁと思いますが(苦笑)恵方巻を食べる決まり事が実現できていませんが(苦笑)実家の両親と一緒に、家族7人で節分のお寿司を食べられることに、嬉しい事だなぁと感じます。
 『幸せはすぐそばに』 そんな言葉を耳にしたことはありませんか?何気ない日常が、何より幸せなことであり、大事なことである。最近はそれをよく感じるようになりました。音楽を学んできていても、音楽でその後を過ごすとは限らない。私は、自分が選んだ道で、こうやって過ごしていられることに、本当に感謝しています。ありがとう☆



2016. 1. 7(木) 


 明けましておめでとうございます。七草粥を頂く日。美味しいものが続くお正月は、おなか休めが必要と、昔の方は上手に言ったものですね。みなさん、元気にお過ごしでしょうか?本年もよろしくお願い致します。
 ちょうど、新年からお問い合わせを頂いたり、今月から通うようになった社会人生徒さんがいらしたり、年度変わりには進級・進学の関係でまたレッスンスケジュールも変わりそうな気配。自分も、この波に乗り遅れないようにしなくては(^^)
 昨年は生徒さんが増えたことで、これまでやってきたことの継続の仕方に悩む面もありました。人数は増えても、変わらず、変えずに大事にしていきたいこと、どこのお教室の先生も持ってらっしゃると思います。反面、人数が増えることによって、より大きなことにチャレンジもできる楽しみもあるわけで(^〇^)上手くバランスを保ちながら、2016年も頑張っていこうと思います♪



2015.12. 3(木) 


 今年も残すところ1ヶ月を切りました。12月は、やっぱりクリスマスが大きなイベントでしょうか。わが家では子ども達とオリジナルに飾りを作ってみたり、アドベントカレンダーも出してきて、クリスマス当日までの時間も楽しむようにしています。庭には神山の大銀杏から持ち帰った銀杏の葉をまいてみたり。それだけで、自宅の紅葉と違い、ぐっと紅葉を味わえます。暮れの忙しさも加わる中でもありますが、親子で楽しめること、子どもが笑顔になれること、そんな「喜んでもらえるような事を」といつも気持ちに置きながら、閃きを大事に過ごしています。
 先月。少し早かったですがレッスン室にもリースやカードを飾りました。生徒さんにとったら週に一度の束の間のレッスン時間ではありますが、その中で季節感も感じてほしくて、毎年出しています。
 本年もたくさんお世話になりました。ありがとうございました。どうしても気忙しくなってしまう今月ですが、どうぞ元気に穏やかに年末年始をお迎え下さいね。



2015.11. 9(月) 


 雨の少なかった毎日が続いていましたが、少しずつ雨模様も見受けられるようになってきました。やっぱり秋の空。移り変わりがありますね。今月は七五三が大きな行事となる私です。
 ちょうど今年は七五三の日とされている11/15が日曜日なので、末娘の七五三詣りも、そこに合わせてみました。これで子どもたち3人の七五三祝も最後になります。1つずつ行事が終わる安堵感と同時に、やっぱり少し寂しさがありますね。本当に手間のかかっていた乳児・幼少期が過ぎ、だんだんと成人に向けての中間期に入っています。
 生徒さんのご家庭でも同じだと思いますが、子どもが大きくなるに連れて、いろいろと思い悩まれることと思います。どれが正解かはわからない。でも、こうやって今元気に過ごせていることに幸せを感じ、これからも健やかに、子どもが意欲を持って進んでいけるよう、大人はサポートにがんばりましょう。



2015.10.19(月) 


 朝晩が涼しくなってきたものの、まだまだお昼間は暑さがありますね。運動会シーズンも終盤。2学期も半分が終わりつつありますね。ちょうど、うちの長男が4年生で、高学年まで残り半年ほどとなってきました。ちょっと節目でもあるなぁと、母なりに感じ始めた今日この頃。息子にとって、2歳からずっと継続しているクラシックバレエと並行して、何か本人にとって、先を見据えた魅力的なものがないだろうか?
 思い悩み始めてから、自分の生徒さんへの想いも結びつけるようになりました。通ってくれている中で、生徒さん本人やおうちの方の意向と自分の気持ちがシンクロしていけるように過ごすこと。私の大事にしていきたい部分も、もちろん曲げてはいけませんが、私も母として過ごしている立場であるので、生徒さん側の気持ちも汲みつつ、そこに対応できる自分でありたいなと。これまでも、配慮してきたことではあったのですが、さらに、「気をつけていこう」と感じたのでした。また、いろいろ想いながら、チャレンジしながら過ごしてみようと思います(^^)



2015. 9.28(月) 


 今月のアップが大変遅くなりました。まずは、発表会が無事に終えられましたこと、本当に安堵でいっぱいです。ソロは普段弾いている曲よりもレベルアップした選曲であること、連弾曲を豊富に取り入れ、子ども達にも、たくさんの音の刺激を感じてもらいたい機会でもあり、さらには、私自身の構想を組み込ませてもらっている場でもあります。生徒さん、それぞれが、その年の成果が発表でき、プログラミングがたくさんになっていた今年でしたが、楽しい時間が過ごせました。急遽、わが子たちにチャレンジしてもらった楽器の追加も、場が和み、良いポイントになったようでした(^^)保護者の皆様にもたくさんお世話になり、私自身も、家族にたくさん助けてもらいました。みなさん、ありがとうございました。通常レッスンに戻っている今ですが、決まった楽譜で進めるだけでなく、また「1年の成長がぐっと得られるようなレッスンでありたい」を目標にがんばります。よろしくお願い致します。



2015. 8.18(火) 


 今夏は厳しい暑さですね。みなさん、お変わりないでしょうか?だんだんと夏休みも終わりに近付き、2学期準備で忙しい頃でしょうか?宿題の終わったおうちでは、残りの夏休みをゆったり過ごされているかもしれませんね。発表会プログラムが完成し、今週生徒さんへ配布しております。もしお時間のある方、お気軽に起こし下さいね。


piano flower garden*

201595日(土)

13:00 開場
13:30 開演

アスティとくしま内
ときわホールにて

曲目リスト

・ソロ
ねずみさんのぴあの
アビニョンの橋の上で
無邪気
青空の下のマーチ
二列にならんで
スケルツォ・ロンディ−ノ
6つの小さな変奏曲
スケルツォ(カバレフスキー)
エリーゼのために
飛翔
瞑想曲
パガニーニの主題によるラプソディ
第18変奏曲
ひまわり


『作曲者ギロックを集めてみました』
サマータイムポルカ
柱時計と腕時計
インディアンの戦いのうた
ガラスのくつ
海辺の歩道
公園であそぼう(連弾)



・連弾
◇ナレーションと連弾で「くるみ割り人形」(抜粋)
 小序曲
 行進曲
 魔法の城
 あし笛の踊り
 こんぺい糖の精の踊り
 花のワルツ

◇イス無しで弾く「ぐるぐるぴあの」にチャレンジです
そそそのマーチ
土曜日の木製
パッヘルベルのように
ぐるぐるぴあの(3人で)


おおきくなったら
ぶんぶんぶん
きらきら星
日本のうたメドレー
『パイレーツ・オブ・カリビアン』より
パイレーツ・オブ・カリビアン メドレー
『眠れる森の美女』より
ワルツ
『仮面舞踏会』より
ワルツ


以上になります。今年は、生徒さんもまた増え、曲がたくさんになりました。



2015. 7.23(木) 


 今月のアップが大変遅くなりました。息子の長年習っているバレエの発表会が連休に開催されました。二日間公演だったため、出演演目も多く、無事に終えることができ、安心している自分と、まだすっきり力の抜けていかない自分と、ちぐはぐな感じです(^^;私もこれから、自分の発表会の雑務に目を向けて、がんばります(苦笑)




2015. 6. 9(火) 


 徳島も梅雨入りし、あんなに雨の少なかったところに、昨日も午後からたくさんの雨。そして、ふと土曜日に見た空には、入道雲に近い雲が目に入りました。きれいな青色の空に、もこもこっとした雲。もう、そこまで夏も来ていますね。そんな季節な今月、5年ほど前から遠方より通ってくれている生徒さんが卒業します。今年は受験生。大変な時期でもあり、ちょうど変わり目でもありますね。彼女の成長に、自分がどれくらいお手伝いできただろうか。ピアノを好きなままで卒業、というのが、何よりな結果なのかも、と思ったりもしています。残りのレッスンは1回。心身元気に、目標を持ち、彼女のペースでがんばってほしいな、と思います。




2015. 5. 7(木) 


 今年は大きなGWのお休みでしたね。お天気にも恵まれたので、少し遠出されたおうちも多かったのではないでしょうか?バラが咲く季節に入り、近くのバラまつりに足を運んでみました。いろんな品種が出ており、中には「これってバラ?」というものも。でもやっぱりバラの香りなのが不思議でした(^^)生花の香りって、すごく刺激的ですよね。作られたものじゃなく、そのものの香り。五感を刺激し、敏感さを高めることは、人間形成の上でとても大事であるなぁと思います。限られたスペースでのバラまつりではありますが、一緒に行った子ども達にとっても、目で色や形を感じ、自然と体に入ってくるバラの独特の香りを感じ、束の間でしたが、良い時間が持てたと思います。
 子どもさん達には、いろんなことでいろんな刺激を感じ、大きくなってもらいたいと思います。目に見えない「感じる」という部分。教室内でも大切にしたいポイントです。



2015. 4.10(金) 


〇発表会開催のお知らせ


piano flower garden*

201595日(土)

13:00 開場
13:30 開演

アスティとくしま内
ときわホールにて


本年も、例年の雰囲気で開催を計画しております。
参加関係者の方をはじめ
ご興味のある方も是非ご来場下さいね。
お待ちしております☆”



2015. 4. 6(月) 


 桜が満開♪と思っていたら、身近な所ではだいぶ散り始めてきていますね。桜の見頃は本当に束の間です。末娘の入学式も間近となり、新しい環境に娘がどう入っていくのか、と心配も抱えつつの4月です。そんな中、随分とご無沙汰だった社会人生徒さんが今日はレッスンに来てくれて、久し振りの会話の中で出た話題。
 私が生徒さんへの言葉掛けで、楽語の意味を直接伝えるのも大事だけれど、芸術、という面からすれば、ニュアンスも大事にしたいから、あまり意味を強調して伝えすぎるのも、と感じる想いもあって。。という話をしました。例えば、「P(ピアノ)」は「弱く」を解釈としていますが、子どもさんに伝える際に「弱くね」と伝えるばかりじゃなく、「Pね」と伝えることも重要。「P」のイメージも幅広いものであるべきで、「弱く」と毎回表現するばかりだと、そのニュアンスのイメージの幅が狭まってしまうような気がして。。とっても曖昧な部分ですが、芸術の世界では、とっても重要な部分なのでは?と私は思っています(^^)もちろん、語彙の豊富な日本語なので、いろんな表現で伝えてあげるのも、イメージングを膨らませる際にはとても効果的ですよね。そんな、自分の大事にしている部分にこだわりながら、まずは今春が、元気にステキに過ごせますように☆”



2015. 3. 7(土) 


 3月に入りました。毎年9月に開催している発表会に備え、会場予約をする時期にあたります。抽選もありつつでしたが、無事に第一希望の9/5(土)に会場が押さえられました。ちょっと安心です。これから、選曲を頭におきつつ、レッスンをしていこうと思います。桃の花も目にするようになり、寒さはまだまだありますが、春が感じられる今日この頃。さよならの時期でもあり、続いて出会いの時期でもある。いろんな場面と遭遇しながら、私もまた自分肥やしができればと思っています。




2015. 2. 2(月) 


 如月。春に入学等を控えるおうちでは、そろそろいろんな準備に取り掛かる時期に入ってきましたね。我が家も末娘が卒園・入学を控えています。ちょうどこの間、制服を合わせに行き、初めて袖を通す娘を見ていると、まだまだ小さいのに、小学校生活大丈夫?と少し心配する想いや、体操服、似合うね(^^)と、微笑ましく見る気持ちが湧きました。実感してきた、という感じでしょうか。本人も、その日が近付けば、自分でもわからないような気持ちが出てくるかもしれませんね。

 情緒感がどう出るのか、私も上手く接してやれるよう、気をつけられたらと思っています。生徒さんの中にも同じように入学するお子さんもいらしたり、学校は同じでも、確実に春には進級・クラス替えをみなさん経験します。また1つ大きくなる姿を楽しみに、まずはまだまだ寒い今を、みんな元気に過ごしましょうね☆”



2015. 1. 7(水) 


 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。新年。初日の2日間は強風もあってとても寒く、徳島でも2日の昼間は雪が舞っていました。なかなか目にしない『雪』なので、子ども達は喜んで「つもったら、ゆきだるま つくろうよ♪」と意気込んでいましたが、やっぱり積もるまでは降らずに終わりました。
 そんな強い寒さの中迎えた2015年。みなさん、どんな抱負を考えられましたか?私は

『人を大事に 時には自分を褒め 同じように過ごせていることに感謝しながら ちょっと背伸びして挑戦☆』

で、過ごせたらと思っています(^^)また1年、皆様にとっても、充実したステキな時間となりますように。



2014.12. 4(木) 


 今週から一気に寒さが強まり、一気に『冬』の体感となりましたね。この間の日曜日に神山へ紅葉を観に行ったのは絶妙の時期だったのかもしれません。山の紅葉は庭の紅葉とは違い、グラデーションのステキさ、黄色の違いがとても大きく、やっぱり観に行くと感動があります。緑・黄・橙・赤 の色彩感が鮮やかなのにやわらかで。これからは冬本番。クリスマスにお正月。みなさんも身体に気をつけて、良い時間が過ごせますように。
 今月から小さな生徒さんが入会されました。笑顔のかわいらしい、明るい女の子。そんな彼女の成長に関われることは、本当に光栄なことです。私もがんばります(^^)



2014.11. 5(火) 


 10月。 あっという間に過ぎてしまいました。夏に続き、手帳が真っ黒(^^; でも幸せなことですね。ママさんたちと逢う機会も多くあり、9月末には2回の運動会(これも今年で最後です)。大きな幼稚園バザーに向けて準備に勤しみ、末娘の就学前健診や、そうそう、連休には大きな台風到来もありましたね!これから小学校の休日参観兼ねてでバザーに露店販売。校外学習・園外保育と題されて子ども達の遠足も多く続きます。さすが秋。次々と子どもの行事も芸術・運動にちなんだものが溢れます。身近な紅葉はまだもう一息ですが、どんぐりや松ぼっくりはだいぶ落ちていて、子どもとたくさん拾いました(^〇^)だんだんと寒さが増してきます。まずは今月、紅葉狩りに行くのを気にしつつ、また1ヶ月がんばるとします♪



2014. 9.18(木) 


 朝夕、だいぶ涼しくなってきましたね。やはり9月。芸術の秋を感じます。
 今年も、発表会を無事に終えることができました。生徒のみなさん、お疲れ様でした。そして、ご来場頂きました皆様、開始時間にはまさかの駐車場満車とバイパスからの大渋滞。終わったら今度は豪雨。という、とっても大変な中、本当にありがとうございました。チャレンジした連弾メドレーも上手く進み、どの曲も、参加者の成長がちゃんと発揮できた良い時間だったと思います。会場も今年は初めての場所でしたが、やはりホール感がステキで、ピアノも弾き易かったです。来年もまた「良い時間」がもてるよう、がんばりたいと思います。





2014. 8. 4(金) 


 県内でも、台風の影響を大きく受けているここ数日。みなさんは、大事に至らず、過ごせてらっしゃるでしょうか?なかなか発表会プログラム内容の曲アップができずで。遅くなりましたが、記載させて頂きます。振り返って見てみると、発表会日程の記載もできていなかったのだなぁと反省。併せてご覧ください。そして、もしお時間のある方、気軽に起こし下さいね。

*piano flower garden*

201496日(土)

開場 13:00
開演 13:30

ときわプラザ(フレアとくしま)2階
ブライダルコアときわホール

《アスティとくしま内にあります》


曲目リスト

・ソロ曲

かっこう
おばあさん(バスティン)
荒野のバラ
ウインナーマーチ
メヌエットト長調(ベートーヴェン)
ワルツ第7番(ショパン)
亜麻色の髪の乙女
リオのカーニバル(ギロック)
ガボット(ゴセック)
Je Te Veux (サティ)
モルダウ(スメタナ)
39日(レミオロメン)
spring(久石譲)

・連弾曲

「アナと雪の女王」抜粋によるメドレー
 5〜6曲組み込んでいます

カンツォーネ進歩
うすめの紅茶
あまちゃん オープニングテーマ
夕焼け小焼け
美女と野獣
組曲「動物の謝肉祭」よりフィナーレ
ピアノ協奏曲第2番ハ短調より第1楽章(ラフマニノフ)
ひこうき
りぼん
情熱大陸



2014. 7.11(金) 


 大きく報道されていた台風が徳島にもやってくる、とのことで、とても心配がありましたが、昨日の午前中で警報も解除。軽く過ごすことが出来て、何よりでした。子ども達は、休校で、朝からマイペースに家生活を楽しんでいるようでしたが、さすがに、午後には「こんなに晴れてきたなら、雨もそんなに降ってないし、外に行きたいなぁ」と言い始めました(苦笑)まぁ、そうでしょうね。退屈だと思います(^^;
 なんだか夏休みの前に、ちっちゃな夏休みが始まったかのようなこの週末(苦笑)台風一過でかなりの暑さ。そんな今日は、長女の7歳のお誕生日です。またひとつ大きくなりました♪



2014. 6.10(火) 


 春。体験レッスンに来られる方が増える時期であったりします。今年も、何名かいらっしゃってくださいました。みなさん、それぞれに事情のある中で来てくださいます。もちろん、初めてのピアノ・・という方もいらっしゃいますが、既にピアノ経験があって・・という方も多い。そんな中、限られた体験レッスン時間の中で私がどのバランスで過ごさせてもらったら良いのだろうか?と、ふと思うことがあります。生徒さんによって、合わせているつもりではありますが、グループレッスンと違い、その場に入って見学してもらう、というスタイルではないので、普段のお稽古の少しを体験して頂いたり、手持ちのテキストがお持ちの方は、ご持参してもらて、その曲についての1ポイントアドバイスをさせて頂いたり、生徒さんのご事情をお伺いしたり。私はお話をお聞きするのも、その場限りになるかもしれませんが、私(教室)の雰囲気を感じて頂くコミュニケーションとして、大事であると思って取り入れています。
 もちろん、この縁で、また通ってくださることになれば嬉しいなぁと思っています。例え、その通いが束の間になってしまったとしても、それはそれ。その期間に、その生徒さんと関われたことが私にとっても良い経験であり、素敵な思い出であるので。今週は既に、双子ちゃんが新しく入ってくださっています。また発表会が楽しみです♪
 ※発表会の選曲を少しずつ進めています。ソロ曲の配布がだいぶ仕上がってきました。今年は、連弾部分で少し、イメージングしたものが取り入れられたらと今、頭の中を創造でいっぱいにしています(笑)なかなか日常との共存で上手く進んでいませんが、夏休みでわが子たちが24時間在宅になる前に、しっかりと練り上げなきゃ。。と焦りがある今日この頃です。演奏者も、観客も楽しめる、幸せな時間となる発表会を目指したいです。



2014. 5.19(月) 


 GW
も終わり、早くも5月も半ば。長女が入学し、毎朝、本人に不安定さがあるため、集団登校のある学校なのですが、私も一緒に歩いて登校しています。最初は学校まで、次にちょっと手前まで、その次に、またちょっと手前まで・・と付き添ってきましたが、ここからの距離がなかなか縮まらず。。。焦らず、その時を待つしかないですね。
 全く未知の世界で一生懸命お友達を探そうと努力している娘の姿に、6歳ながら、いっぱい考えてすごいなぁと、見守っている毎日です。そのうち、笑顔で「いってきます!」と長男と一緒に出かけ、「ただいま!」と普通に帰宅するようになる♪ そう信じ、娘と一緒に歩く『今』を大事に、私もがんばろうと思います。
 何事も、「焦り」はダメですよね。その子の成長するタイミングで伸びてくれたら良いのです。親の想う「今」を子どもに押し付けずに、その子の「今」を大切にゆっくりでいきましょう。



2014. 4. 6(日) 


 桜満開。なのに、お天気が荒れたりと不安定な日が続いていますね。時に晴れてくれていた日もありましたが、なかなか風の強さもあったりで、週末は雨や雷も途中にあったり。さすが、春のお天気。安定しませんね。この風で桜も随分と散ったでしょう。ホント、桜の見頃はあっという間に終わってしまいます。私も今年は身近な桜しか見れなかったですが、一度は子どもとお弁当を持ってあすたむらんどで座る時間が持てましたし、自転車散歩でご近所の桜をたまたま見つけて写真を撮ったり、実家の両親とちょっとドライブで桜周りをしてみたり。出来る範囲ではありましたが、この1週間は桜尽くしだったなぁと(^^)大きなことはできなかった春休みでしたが、元気に新学期が始められたら、それが一番。
 バタバタと毎日を過ごす中でしたが、本年も発表会を開催したく、会場を押さえる手配も進められました。また、ちょこちょこアップしていきますね。



2014. 3. 6(木) 


 3月です。うちの娘も、今月で卒園。4月からは小学校へ入学の年となりました。まだまだ寒さは厳しいものの、行事は着々と春のものへと移り変わり、私もいろんな準備に気忙しくしている今日この頃です。別れもあり、出会いもある春は、気持ちもいろんな刺激を受けて、親子で大きく成長する時期とも言えるかもしれませんね。
 ふと、準備する中で開いたPCフォルダに、長女の小さい頃の写真がたくさん残っていました。見るもの、見るもの、全てが懐かしく、新鮮でした(^^)と、同時に、たった数年前の子どもの姿すら、すっかり忘れてしまっている自分に驚きでした。「一瞬一瞬を大事に、しっかり目に焼き付けておこう」これがなかなか難しいですが、こうやって元気に毎日が送れていることを「あぁ幸せだな」と1日1回は思える自分を目指そう、そんな風に想えた良い機会だったと思います。まずは、今月・来月。私も講師業と共に、母業も気持ちを入れてがんばろうと思います☆”



2014. 2. 7(金) 


 過ぎ去って行く2月。立春と呼ばれる時期に、寒波が訪れたりと、まだまだ寒さ厳しいですね。なのに、あついっ!という気候もあったり、本当に体調を崩しやすい気温差です。私も久しぶりに風邪をひいてしまい、今週はしんどい感じも多かったのですが、自然経過で過ごせているので良かったです☆春には長女が小学校入学で、できるところから準備を進めている今なのですが、『少しでも、娘が気持ちを安定させて新生活がスタートできますように』と願い、品物を選んだりする自分がいます。
 心配し過ぎても、しなさ過ぎてもいけませんが、子を想う気持ちはいつになっても変わらず存在するわけで、その加減が要は大事なんですよね。何事においても、親と密に関われるのは今だけなのです。一緒にできることはやろう、親がしてやれることはしよう、子ができることはさせていってみよう、でもこの場合は時期を早めすぎるのも良くないと聞きました。自立を早めるリスクは、先で「寂しさ」となって出てくるんだとか。でも、自立できる所は少しずつ増やしていってやる。そういう対応が子どもへできたら良いですよね。
 私もレッスンの中で、その時の生徒さんのペースを見ながら、宿題量を調節したり、その日の言葉がけを加減したりしています。少しでも生徒さんのプラスになっていたら良いなぁ(^−^)



2014. 1.16(木) 


 あけましておめでとうございます。2014年はじまりましたね。今年1年が、また素敵な年となりますように。そんな今月も半ばの今日、私の幼なじみのお誕生日だったりします^^彼女とだけは、この歳になってもお互いの誕生日の際にはプレゼントを贈り合っています。でも、こういう風にいくつになっても「交わせる」ことのできる友人がいることって、幸せなことですよね。
 人は、年齢を重ねる度に、幼い頃には思いもしなかったことを考えるようになったり、できていたことができなくなったりします。そう。だから、まだ幼いわが子を見ていて羨ましくなる瞬間があるのです。1人が、ピアノを触り、でたらめな曲を弾いて、それに合わせて他の2人が踊る。この光景、大人には絶対に有り得ない!そして、数年すればこの姿も見れなくなるのでしょうが(ちょっと寂しい?^^;)
 大きな笑い声をあげて、勢い良く遊ぶ。成長してしまった自分には無いものだなぁ、子どもってホントにすごい♪ 昔できていたこと、楽しいと感じていたことを、大人になっても同じ気持ちで触れたり、感じられたら絶対に素敵ですよね。音楽は、それが可能な分野だと思います。そんなお手伝いが、自分のレッスンでできたらなって思います。なんとなく、今年の抱負ってところでしょうか。小さなところから、本年もマイペースに。



2013.12. 8(日) 


 年内最後のアップとなりました。クリスマスも近付き、私も自宅では、少しずつクリスマスオーナメントが増えつつあります。子どもとこうやって飾り付けを楽しめるのも、いつまででしょうかね。そう思うと、今のこの瞬間を大事にしなくてはいけないなと感じます。今年は初めて、オリジナルクリスマスケーキで注文を予定していて、少し楽しみだったります。子ども達3人にダウンロードしたデザインではありますが、色ぬりをしてもらって、そのイラストをケーキ屋さんへ持参、クリスマスケーキの真ん中に入れ込んでもらうというものです。希望は、3人にクリスマスのテーマで絵を描いてもらう、でしたが、限られたスペースに3人が描いていくと、ちょっと喧嘩が出てきそうなので、あまり時間もないですし、多少の妥協を入れることとしました(苦笑)さぁて、どうなることやら。
 本年も残り3週間。私にとってはいろいろあった1年でした。来年、どんな年となるのか。みなさんも、ステキなクリスマスを過ごされて、良いお年をお迎えください。また来年も宜しくお願い致します。



2013.11.15(金) 


 一気に寒さが増してきた今月。だいぶ2学期の行事も落ち着いてくる頃でしょうか?わが家も9月の運動会から始まり、毎週末に行事続きで気忙しいままに今月も半ばです。やはり学校が幼稚園と小学校の2つになると、忙しいですね。明日はイトコの結婚式。家族で出席なのは、思えば妹の披露宴以来です。4年ぶりかな?
 自分の結婚式も先月で10周年を迎え、早いもので10年前の出来事となりました。10年前の自分と今の自分。随分と変わりました。もちろん家族の増えたことは大きいですが、自分自身の考え方や感じ方が変わっています。そう振り返ると、「人は変わる」というのが、納得です。ただ、「変わろう」とすると、なかなか難しく変われなくて、こういう風に自然と変わった部分には、後で気付きます。「変わろう」とする時には、「今よりも良くなりたい」という気持ちが強いから難しいのかもしれませんね。何事も、「moderato」なtempoで、焦らずいきましょう。私も「Allegro」で毎日を過ごしてしまう面が多いので(苦笑)、お教室の「Modera」をイメージングし直しながら動いてみます。おしゃべりは「Andante」くらいを意識して。



2013.10.15(火) 


 秋。ですが、まだまだ昼間の暑さが厳しいですが、みなさん、体調を崩されること無く過ごせていらっしゃいますか?わが家も、秋のイベント続きに入っており、運動会ラッシュが終わったかと思えば、年長さんとなる娘をコンクールに参加させてみたり、これからも11月中旬までは、毎週末行事が入っています。どのおうちも、そんな秋を迎えられているのではないでしょうか?多忙ですが、ひとつひとつが、子どもたちが元気に参加できることを何よりと考え、乗り切ろうと思います。
 そんな中でのレッスン。幼稚園の頃から通ってくれている現在小3の生徒さんが、この間レッスン時におもしろいおしゃべりをしてくれました。
「先生、なんで、あまちゃんの曲って、あんなに八分音符ばっかり出てくるんだろうね」と。おもしろい意見だなぁと。「なんで?」と訊かれたら、みなさんならどう返されますか?私のお返事は
「〇〇ちゃん。曲を聴いただけで、八分音符がたくさん使われてるってことに気付けていたのがすごいね〜。聴いて、リズムを感じて、音符が浮かぶのってすごいことよ。軽い雰囲気を出したかったんじゃないかな〜」でした。
 何より私には、その生徒さんの日常生活内で音楽が身近に感じられていることの発見や、音楽の成長が垣間見られたことが嬉しかったです。本当に嬉しいことです。また少しずつ、音楽が身近である生活となってもらえたらと思います。



2013. 9.18(水) 


 アップが遅くなりました。心配しておりました台風が回避でき、まさかの晴天で終えることができた発表会。ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。がんばった生徒さん、お疲れ様でした。保護者の方々にも、練習での声がけや、当日のサポートなど、大変おせわになりました。たくさんの時間をかけてこの日を向かえ、当日はあっという間に過ぎてしまう。一度しか演奏のチャンスのないという、この緊張感も、絶対に、先の何かにつながる良い経験だと思います。
 昨年までとは違うポイントで、私もチャレンジしてみる部分があったり、『今年らしさ』が表せたかと思います。行き届かぬ点もあったかと思いますが、また今後に活かし、普段のレッスンを充実したものとなるよう、がんばろうと思っています。来年、再来年と、ステキな時間を感じられる機会が持てますように。






2013. 8.10(土) 


 だんだんと発表会本番が近付いてきました。この時期になると、やはり本番を多いに意識して練習してもらわなくてはいけなくなります。ある程度のテンションの上昇は大事であるし、そのペースを維持してもらえたらと思います。
 私にできること。言葉がけの工夫や、追加のレッスンの導入。細かくウィークポイントの説明や、音がぴったり合う事のステキであること。最終的には、自宅練習でこなしてもらうしかありませんが、その子のベストが、その日にしっかり出してもらえることを願って、毎日をがんばるのみです。私も、自分の担当曲、がんばらないと。みんなが元気に参加で終われますように☆”



プログラム内容を下記のように決定致しました。
ご来場の参考までに、記載しておきます。

*piano flower garden*

2013.8.31(土)

シビックセンター4F ホールにて
小さな発表会ですので、演奏所要時間は1時間半ほどかと思います。

【ソロ】

・スクエア・ダンス  ギロック


・ギャロップ      ストリーボック


・アラベスク    ブルクミュラー


・紡ぎ歌    エルメンライヒ


・アメイジング・グレイス


・刈り入れ時   ランゲ


・おもちゃの行進  ストリーボック


・アルプスの夕映え   オースティン


・ノクターンop.9-2   ショパン


・花は咲く    菅野 よう子

【連弾】

・「となりのトトロ」より

 さんぽ


・「天空の城ラピュタ」より

 君をのせて

・「千と千尋の神隠し」より

 あの日の川

・「天国と地獄」より

 序曲

・「ピノキオ」より

 星に願いを


・ふるさと


・ぶらんこ


・かたつむり



・アイ・ガット・リズム

・ルパン三世のテーマ

・きらきら星変奏曲


・愛の夢 第3番

のような感じとなっております。

幅広いジャンルから選曲しておりますので

是非聴きにいらしてくださいね。



2013. 7.10(水) 


 七夕が終わりましたね。今年は息子のバレエ発表会が7/7でした。朝から晴天。すごい日差しに、途中の豪雨。なかなかのお天気模様。やはり七夕ゆえの雨だったのでしょうか?にしては、昼間から不安定とは・・
 バレエ発表会では、開演して早々の音楽で、感動の涙がじわり。息子の踊る姿を観る中で、「本人はもちろん、家族のみんなもがんばった!精一杯が出せますように。大きな失敗がありませんように。」前日のゲネで少し失敗があったので、なおさらそんな想いが出たのかもしれません。私の心配をよそに、息子はしっかりと演目4つを終えました。
 情操教育は、とても繊細で、その世界・分野ごとにいろいろな違いがありますが、共通して言えることは、目に見えにくい成長をどう見極めていくか、ではないでしょうか。難しい部分ですが、私も生徒さんの良きサポートができるよう、工夫できたらと思います。



2013. 6.14(金) 


 梅雨に入り、まだ涼しいなぁ〜と思っていたところへ、急に暑さが到来。ここ2日ほど前から、すごい暑さになっていますね。庭の花たちへの水やりも、朝夕でしっかり行わないと、すぐに弱ってしまう感じです。雨が降らないからなおさらです。
 この暑さの前に、今年も家族で蛍を見に、鳴門の大谷川まで行ってきました。今年は去年よりは数も多く見られ、子どもたちも喜んでいました。幻想的な碧い光に「あ〜おった〜」と声を上げ、指を指す姿に、今年もみんなで見に来られて幸せなことだなぁと感じました。
 季節の折に触れる。これは芸術面に留まらず、生活する上でも、とても大事なことであるし、そうやって知識を増やしたり、感受性を身に付けることは、人間形成にも影響を与えると思っています。この幼少期の経験を大事に。ピアノもそういう刺激あるものだと思っています。生徒さんたちの心が、よりいっそう豊かなものになりますように。




2013. 5.11(土) 


 GW
が終わりましたね。本当なら、この連休の間に決めてしまおうと思っていたのですが、なかなか思ったようにできず。最近、時間をつくって発表会用の曲選びに頭を悩ませています。おそらく私は、選曲!となると、すごく悩んでしまうタイプで、毎年、選曲時期になると、あぁでもない、こぅでもない、と試行錯誤しながらの毎日になってしまいます。
 生徒さんの性格や、今のレベル、雰囲気が合うかどうか、保護者の方の想い、など、選曲する上でのポイントをたくさん持ちすぎているのでしょうね。ついつい悩みのスパイラルから抜け出せなくなります(苦笑)
 また、少しでもいろんな作曲家の曲を耳にする場であってほしいこと、ここ数年の発表会でなるべく重複のないように、そして、発表会栄えする曲で・・となると、なかなか難しかったりするのです。また、決定しましたら、簡単にこちらへ曲名もアップしますね。

 来週には生徒さんへ楽譜を渡し、本番までの3ヶ月ほど、一生懸命がんばってもらえたらと思っています。ソロの譜読みが終わってきたら連弾にも入らなくてはいけないですしね。生徒さんも、盛りだくさんです!私もがんばらないと☆”



2013. 4. 5(金) 


 春休み。公園三昧なわが家です。そして、初めて桜トップシーズンの神山森林公園に出かけた時には、神山の桜の見事さに感動しました。あんなにきれいなんですね^^随分前に、お弁当を持ってお花見に行ったことがあったので、初めてではなかったはずなのですが、当時これほどの驚きはなかったので。やはり、一番の見頃に見るのとは、全体の見栄えが違うのでしょうね。だから、感じ方が違ったのだと思います。それくらい、今回の神山の桜はステキでした☆”
 日本は四季折々のお花も多種で、素晴らしいですよね。そしてそれが季節の行事としっかり絡んでいいる。桜を見に行き、春の薫りを感じ、桜を目で楽しみ、その穏やかな雰囲気に囲まれて、お弁当やおやつなんかをつまんでみる。みんなとの会話に、揺れる桜、風に散る花びらに触れてみたり。まさにお花見は五感をフルに使って行うものですね。鼻歌も出るわけだ(^^)
 そんな春爛漫。先月から今月にかけては体験レッスンに来られる方がたくさんいらっしゃいました。友達の友達から聞きました、とか、どうしてもこの曲をすぐに仕上げなくてはならなくて。。とか、いろいろなケースが重なりました。みなさんそれぞれに事情があられるのを聞いていると、力になれたらな、と思うことも多かったです。新年度スタート。焦らず、いきましょう。



2013. 3. 8(金) 


 春心地の毎日となりました。いかがお過ごしでしょうか?別れの季節でもあり、出会いの季節でもありますね。
 最近感じたことが、ひとつ。自宅練習を子どもにさせることはとても大変なことだなぁ、と。改めて感じたのは、長女の練習がきっかけでした。自宅練習を習慣づけたく、とりあえず毎日声をかけていましたが、さすがに5歳で、「1人ですべてができる」ようになるまでには難しく、特に新曲に関しては、必ずと言って良いほど、「ママ、これどう弾くん?」と楽譜を片手に私のところへやってきます。これならば、まだマシでしょうし、私も早々に自立を求めてはいけないと思いつつも、忙しい時間帯に練習となるため、長男を気にしたり、家事をしたりしていると、どうも気忙しくなり、「早く1人でできないものだろうか」と思ってしまうのです。だから、時に怒ってしまう・・いけないパターンです。。
 ピアノは練習をしないと上達が難しく、レッスンを受けるだけでは伸びていきません。伸びる=自信を持つ であり、自信を持つ=意欲的に取り組む だと思うのです。ということは、自発的に、意欲的に自宅練習に挑んでもらうために不可欠な事。それがおうちでの周りの声だと思うのです。先生に褒められ、叱られることも刺激ではありますが、それだけでは支えになりません。できる範囲で良いのです。小さな声がけをしてあげたり、他のことをしながらでも、「あなたの練習、聴いてるよ」というアピールが、大きなフォローとなり、子どもをやる気にさせると思うのです。
 私も長女を目の前にし、日々実体験しながら、生徒さんへの指導に携われたらと思っています。ただ「おうちで練習してきてよ」ではなく、練習方法の具体的な提示であるとか、その子の生活スタイルを聞いてみるとか。これまで以上に、気をつけた言葉がけができればと思います。



2013. 2. 6(水) 


 節分も過ぎ、若干寒さの和らぎも感
じられる日が出てきました。それでもまだまだ寒いです。だって2月ですもんね(^^)おもしろい言葉を今朝のラジオで聴いて。ちょっと書いてみたい表現だったので、掲載にしてみました。「毎日文句を言う身体に答えながら・・」というようなニュアンスだったように思います。ラジオパーソナリティの方も「これはおもしろい表現ですね!使わせてもらいます!」と話していたほど。私も同感でした。
 けっこう文章を書くのはきらいな方じゃないので、表現方法や書き出しにこだわりたくなってしまいます。これは「イイ!」と感じられる方、他にもいらっしゃるのではないでしょうか?

 『国語力が乏しい・・昔よりも低下している・・』

 という言葉、よく耳にしませんか?こう言われてしまうと、「さて。どうしたものか。。」と親ながら考えますが、『国語力』という難しい表現を緩和させてやるならば、話す力・聞く力・感じて理解(想像)する力 このバランスこそが『国語力』でしょうね。そして身に付けさせるための工夫。これが何より重要ですが、すぐに思いつくのが小学校の低学年くらいまでは『読み聞かせ』 それ以上の年齢となってきたら、本を自分なりに読む習慣をつける。そして本以外で少し比重を大きくしてみたら良いのでは?というのが会話の工夫。家庭でのちょっとした会話の中に、質問を取り入れるのがとても効果的なようです。「それ」が指すのが「なに」であるのか。けっこう簡単なようで難しい。1つのことを言葉で表現させる。そう考えるとちょっとしたことですが、学校の毎日の日記などは侮れませんよね。

 ピアノレッスンの中でも、自分の言葉がけで生徒さんがパッと変わる瞬間があります。注意の仕方、褒め方。どの分野でも共通して言えることは、接する側が心を持って関わっていく、という点。今月は前説に余談が入ってしまいましたが、全てが全てに繋がっています。私も、生徒さんがピアノを通じて得たものが、いろんな分野で活かせられるよう、そんな力となってくれれば良いと思っています。



2013. 1. 8(火) 


 冬休みが終わり、学校がスタートしましたね。やっぱり冬休みはあっという間でした。元旦、薬王寺へ参拝に出かけ、まさかで遭遇した鍼灸の先生。少しご無沙汰なのもあったのと、まさかここで?と、びっくりでした。何かの縁なのでしょうね。今年も、ちょこちょこ施術を受けながら、時にヨガにも行ってみたり、季節を感じ、芸術に触れて、2013年をステキに過ごせたらと思っています。本年もよろしくお願いいたします。




2012.12.12(水) 


 今年も終わりの月を迎えました。早いものでクリスマスイヴまで残り12日。長男が12/24
にあるバレエのイベント参加となり、お稽古通いも忙しくなっている最近です。先月の連休あたりから咳風邪をひいて少し幼稚園を休んだりがあった姉妹も、また元気になってくれた!と思っていたのに、この寒さ。長男が咳が出始め、続いて長女が鼻声、今朝から次女が咳をし始めました。次々と続いていきますが、風邪を全くひかずにというのも無理な話でしょうから、「悪化させないですごせますように」 これだけを思いながら頑張ります。
 どうしても水仕事や手洗いなどの関係で、手荒れがひどくなってしまうこの時期。ピアノを弾こうとすると、指先に痛みが走る箇所もあったり。早く暖かい季節を迎えたいな。



2012.11.13(火) 


 11/11。ポッキーの日にうちの末っ子は生まれました。今年で4歳です。だんだんと歳を重ねていく中で、だんだんと成長に関して「大丈夫かな?」と思っていた部分が減ってきたように思います。なんとなく、末っ子ゆえか、この娘の性格ゆえか、「これで大丈夫かしら?」と思う面は多かったのですが、彼女なりに少しずつ歩んでいる感じ。私もそれをマイペースに見守りながら、たくさんを思わず「あっ今日もこんなことができるようになっている☆」というように、小さな発見を大事に評価してあげれる母でありたいな、と思っています。
 ちょうど幼稚園の講習会で受けた初めてのビジョンヨガで、「触れること」の大切さを学びました。そっと肌に触れることで、わかりあえること、感じられること、与えられることがあると。生徒さんの中にも幼稚園さんのような小さな方がいらっしゃいますが、それ以上の生徒さんに至るまで、少し指に触れて弾き方の声かけをする、肩や背中をトントンとしてあげることで、テンポ感を伝える、など、自分が普段行っていることは、「触れる」という点で重なるものがあるように感じました。体で感じられることってありますものね。今後も、自分なりに工夫した指導が出来れば思っています。



2012.10.12(金) 


 季節の変わり目を、本当に感じられるようになった最近。朝晩はとても冷え込みますね。それなのにお昼間は暑い。子どもに朝から何を着させたら良いのか?夜は毛布が必要かしら?と、悩むお母様も多いのではないでしょうか?
 生徒さんの中にも、「熱が下がらない」「体調がすっきりしない」など、お休みする方も居たり、運動会練習の疲れも重なり、秋の盛りだくさんの行事に子どもたちも追われているのだと思います。親の方も大変ですよね。
 今年は、週末のごとの台風で延期される運動会も多かったですし、やっとそれが落ち着きつつある時期ではないでしょうか?教室の方も、発表会を終え、お写真を配布したり、普段のテキストに戻し、通常レッスンが落ち着いてきた感じです。これから寒くなりますね。私自身も体調に気を遣いながら、毎日のレッスンが楽しく、充実した時間として過ごせたらと思っています。



2012. 9.13(木) 


 発表会結果報告に続いて、本日は最近の生徒さん状況を記載しておこうと思います。昨日、また体験レッスンに来てくださった方が、来月から通ってくださることとなりました。既存に通われているお教室があるため、これまでの生徒さんにもそういう方はたくさんいらっしゃいますが、こちらへ変わってくるというおうちの方のお考えがあってのことなので、新しいお教室となり、先生=生徒の相性もあるかとは思いますが、後退するような形のないよう、少しずつでも「改善・成長」が見られる指導を追求しながら、私自身も「責任」を感じて、今後がんばっていかねば、と思います。

☆現時点での生徒さん。
 
 幼稚園児さん 1名
 
 小学生さん(ほぼ全学年の方がいらっしゃいます) 8
 
 中学生さん 1名
 
 大人 1名(冬から通われる方が1名いらっしゃいます)

小さいお教室ととられるかもしれませんが、「自分の納得のいく指導」で日々がんばらせていただいております(^^)

☆体験レッスン日程に関して、少しまた訂正してありますので、ご覧下さい。もちろんそれ以外にも、対応できる場合もございますので、ご相談くださいね。



2012. 9.11(火) 


 9/9 無事に発表会を終えることができました。プレオープニング曲にアメージンググレーズを少し弾きながらコメントをお友達に読んでもらい、素敵なスタートです。私がイメージしていた「素敵な時間をご来場のみなさんへ」「そして、そんな温かい空気に包まれる中で生徒さんたちが演奏できますように」が成功できた実感がありました。
 発表会のようで演奏会のよ
うなプログラム、空間創り。関係者以外のみなさんからも、「子どもたちの演奏を聴いたことで日々の指導の姿が感じられたよ」ととても良い評価を頂いて本当に嬉しく思いました。そして何より、生徒さんも自分自身のその日のベストが出せた良い場だったと思います。当日急な家庭の事情から姉妹お二人が欠席となってしまった今年の発表会ですが、次回こそ、またチャレンジできますように。集合写真をアップしておきますね。

 また、ソロや連弾写真、でアップできそうでしたら、更新していきます。お楽しみに。

 まずは、演奏者のみなさん、おつかれさまでした。よくがんばりました!私もとてもとても嬉しいです♪そしてご来場いただいたたくさんのお客様。あれほどたくさんのお客様に来ていただけると想像をしていなかったため、余分に配置しておりましたプログラムが全く足りず、12時の地点で無くなっておりました。申し訳ありませんでした。また次回も「素敵な時間」創りができるよう、がんばろうと思います。最後に私を支えてくれた家族に、本当に本当にありがとう。心から感謝です。





2012. 8.25(土) 


 長男のバレエ発表会が8/19(日)文化センターにおいて、無事に終えられました。本年は、これまでとは比較にならないほどお稽古通いでも、当日までの雑務でも多忙でした。時に子どもから「ママ、また携帯?」と言われるほど連絡に追われていたため、その一言を掛けられたときには「私、これで良いのだろうか?」と自問自答もありました。母として複雑、教室内での保護者としては〇だったかもしれませんがね。
 ですが、息子の舞台での姿を見て「バレエらしさ」を初めて感じられたので、私もがんばった甲斐があったな、と結果的には思えました。犠牲にしてしまった姉妹二人には、何かで返していかなくてはいけませんね。
 「それらしく」なっていくためには、やはり継続が大事で、積み重ねなくては得られないものです。わが子を見ながら、またそれを強く感じることができましたし、それと同時に、同じ芸術であるピアノにおいても、継続させる&継続してもらうためには、その子なりの成長が本人も周囲も感じられるような指導でなくてはいけない、と再度考えさせられました。こういう機会をバネとし、近く開催の発表会でまた生徒さんが大きなステップへと歩み出せるよう、ラストスパート、私も頑張りたいと思います。
 最後に、本日また5歳の女の子が体験レッスンに来てくれました。ありがとうございました。同じく3人の子どもさんを持つおうちだったので、世間話にも花が咲いてしまいました。もしまたご縁があれば(^^*)
 ですが、お陰様で、私も昨年から生徒さんが増えまして、現在10名ほど。しばらくお休みしている大人生徒さんも復帰したい、と言ってくれていたり、本当にありがたいと思っています。子育てをしながら、これが精一杯の生徒数かな?と感じていますが、『今がお教室を大きくしていく基盤の時期なのかもしれない』と、試行錯誤の時期でもあります。自分の指導スタイルを変えていくのも納得いかなくなりそうですので、これまで通り、密に関わりつつ、私らしいお教室創りを心掛けます。



2012. 7.30(月) 


 7月の更新が結局こんな月末となってしまいました。本当に多忙な毎日です(苦笑)世のお母様方は、夏休みに突入し、同じ気持ちで生活をされていることと思います。やはりわが子には暑さも加わってか「カチンッ」とスイッチが入ることが多く、猛暑の疲労と子育ての疲労で重圧を抱えた自分がおります(^^;
 とは言え、自分が仕事をしながらも、子どもの習い事の送迎をしたり、夏休みの宿題を見たり、片付けないことに怒ったり、そんな風に過ごせることを幸せなことなのだ、と感じられなきゃ、この「今」が勿体無いよなぁ、とも思います。難しいですが、心のコントロールを保てたら、もっともっとステキな夏休みなんだろうなぁ。
 ムスコの習い事が特殊なもののため、そのお稽古通いが連日のように入り、とても大変なのは正直ありますが、これを選択したのも自分であり、継続させているのも自分であるので、忙しくても、疲れてしまっても『乗り切ろう』と思っています。ここに、私もピアノ発表会を重ねてしまったために、みなさんのレッスンもこれからラストスパートの1ヶ月として、今週からハードに入ってきています。お盆を挟むことや、レベルの高いものに挑戦してもらっていることが理由にありますが、少しでも良い状態で本番を迎えてもらいたいので、私も一生懸命がんばりたいと思っています。生徒さん、どうぞ一緒にがんばってね!

piano flower garden*

と題しまして、門下発表会を開催いたします。

2012/9/9(日)

シビックセンターホール

開場 13:00
開演 13:30

演奏時間は1時間半ほどと見ておりますが
まだ検討状態でもあります。

演奏順序も悩んでおりますので一応曲目のみ掲載いたします。

これ以外に追加曲も可能性ありです。

【ソロ】
・7ひきのこやぎ 田丸 信明

・こどものバイエルから練習曲 バイエル

・河はよんでいる べアール

・アビニョンの橋の上で

・すみれ ストリーボック

・舞踏の時間に リヒナー

・人形の夢と目覚め オースティン

・エリーゼのために ベートーヴェン

・ピアノソナタ「悲愴」より ベートーヴェン
 第3楽章

・ワルツ14番「遺作」 ショパン

GAI PRINTEMPS メル・ボニ

・アンダルーサ グラナドス

【連弾】

・「となりのトトロ」より
 風のとおり道

・ドレミの歌

・ラルゴ〜オン ブラ マイフ

・「サウンド オブ ミュージック」より
 私のお気に入り

・「白雪姫」より
 いつか王子様が

・アラジン

・主よ、人の望みの喜びよ

・エトピリカ

summer

のような感じとなっております。
幅広いジャンルから選曲しておりますので
是非聴きにいらしてくださいね。

特に連弾は2人で弾くことにより
とても豪華に、ステキな雰囲気となっていますよ☆”
オススメです。



2012. 6.30(土) 

 
梅雨時期に入り、朝降っていた雨が、午後から晴れ間となったり、不安定な毎日ですね。みなさん体調崩されていませんか?私は浮き沈みしながらですが、元気に過ごせています。生徒さんの中にも、学校での生活変化の疲れが出てきてか情緒不安定があったり、体調がもうひとつ・・という話も耳にするようになりました。そんな中でも、私にできる範囲で、『何か良い対応』ができたらと思っています。
 レッスン時で気になったこと、子どもさんの経過をおうちの方へ報告メールを入れてみたり、また反対に、私の方もレッスン時以外での様子をメールで頂いたり、いろいろとご相談しながら過ごしています。
 今は昔と違い、「教室へ預けっぱなし」「通っていれば良い」のスタイルではなくなってきているように思います。もちろん「預ける」という気持ちを保護者がしっかり持ち先生へ託す部分もとても大事であり必要なことですが、「レッスン時の子どもの様子が気になる、先生とのやりとりはどうなのか」という気持ちも大きいのではないか?と思うので、私は「連絡を取る」というスタイルを選んでいます。
 私自身が子どもを持っているから、そういう気持ちが出ているのかもしれません。子どもに親へと成長させてもらうと同時に、それがピアノ指導へも生かせているように思います。
 今月はたくさんのお問い合わせを頂いてありがとうございました。数ある音楽教室の中から私を選んでくださったことを誇りに思い、そして自信を持ってまた毎日を過ごそう♪と思っております。今後とも、よろしくお願い致します。

 @既存生徒さんで、こちらを見られている方がいらっしゃるかなぁ〜
  今回は発表会曲が現在の自分のレベルよりもだいぶ高いもので選曲したため
 
 譜読みでしんどくなっている子もいます。

  でも、大丈夫!絶対に乗り越えられます。
  譜読みが終われば、気持ちも軽くなるだろうし、1つめのゴールはもうちょっと。
  先生もサポートがんばるので、みんなもがんばってね(^^)



2012. 6. 8(金) 

 
先月、体験レッスンに来てくださった3人姉妹さん。体験されたのは小2と小3のおねえちゃんで、二人の年齢が近いし、同性でもあるので、どちらも興味がある様子。その後またご連絡くださるとのお話だったのですが、先日お母様からお電話を頂いて、今後の相談となりました。うちのお教室をとても気に入ってくださったようで、嬉しくお話を聞きました。最終決断を下せない理由をお聞きし、私もそれに対応すべく、自分のできる範囲でのご提案をさせてもらいました。

 おうちによってご都合も考え方もあります。そして私も子どもたちには、それぞれに同じような接し方をしてやりたい、と思っています。でも、これが現実にはなかなか難しいところ。母は、模索ながら日々を過ごしますね。

*本年も発表会を開催いたします。

  2012/9/9(日)

 また、曲目など、掲載しますね(^^)



2012. 5. 9(水) 

 長男の小学校生活もだいぶ定着し、私が心配していたような「初めての環境へのしんどさ」も今の所本人は大きく感じることなく過ごせているようです。何よりです。親の心配をよそに、子どもは順応性があったようです。良かった☆ただ、長女が少し新しいクラスでのしんどさが出始め、先月はこちらの心配があり、私なりに娘が楽しめそうなことを自宅で何ができるだろうか?と工夫したり、ずっとできていなかった絵本の読み聞かせも毎日寝る時に行うことを決めました。これはどの子にとっても必ずや今後の成長において良い刺激となることは想像できますし、今からでも遅くない!もちろん夜は忙しいけれど、心掛けたらその時間を作り、優先していけるはずだと考えたのです。気持ちってすごいですね。そう決めてからは、毎日読めています(^^)
 何事も同じですよね。もちろんピアノも。気持ちが良い方向に向いている時には、とっても伸びてくれます。そして、本人も楽しんで練習ができていて、目標を持って取り組めているはず。そうなってくると、またしんどい時期が来る。その山をどう乗り越えれば良いのか。生徒さんがまた「楽しさ」に出会えるよう、私にとっても「大事な時」です。その子に合ったペースで、方法で、ベストな対応。私も生徒さんとのレッスンの中で学習しながら、今後もがんばっていこうと思います。



2012. 4.16(月) 

 4
月。わが家の庭ではもみじに緑のかわいい葉がたくさんつき始めました。先週、息子は小学校へ入学し、末娘は改めて入園式を迎えました(^^)今春の式典は思い切って全て着物を着用。着物は母のもので、淡いピンク色の花柄訪問着に、豪華なゴールドの帯。立て続けに3回着ましたが、お天気がもう少し安定していれば、着物を替えることも考えていたのに・・今回は断念。少し残念でしたが、次回の式典ではまた他の着物が着られることを楽しみに(^▽^)
 今月は初めてのことだらけな小学校生活と、姉妹の幼稚園生活。ちょうど今週は各自が別々の帰宅時間で、これもなかなか大変(苦笑)小学校に通い始めたことで、いろんな習慣づけも気になります。最初が肝心。わが子への言葉がけはなかなか上手くできないことも多いですが(^^;しばらくがんばろうと思います。
 子育ては親育てと言いますね。親も「親業に慣れてきたな」と思った頃には子育て終了期なのかもしれません。とは言え、親子はいくつになっても親子。そんな風に、レッスンに来てくれている生徒さんとも、いろんなつながりを持って良い関係を築けたらと思います☆★☆



2012. 3.28(水) 

 学校全般に、春休みに入りましたね。春休みはあっという間に終わり、新年度が来ますが、この季節の変わり目と新年度の準備の忙しさで、みなさん体調を崩さないようがんばりましょうね。
 そんな今日。春から小学校3年生となる女の子が体験レッスンに来てくださいました。大人しい、華奢な女の子で、既存の先生がいらっしゃったこともあり、手持ちのテキストを持って来てくれました。今日は、試しに少し弾いてもらい、あとは、「私はこのような感じでレッスンを進めさせてもらうと思います」と説明し、お母さんの意向などをお聞きしました。
 今年度も残り数日。振り返ると、このHPをご覧頂いてたくさんの方が体験レッスンに来てくださりました。全ての方が自分を選んでくださるのではありませんが、選んでくださった生徒さん自身・ご両親の想いと自分がちゃんと意思疎通ができ、良い関係でレッスンをこなしていけるよう、今後もがんばれたらと思っています。



2012. 3.14(水) 

 今月。長男が卒園を迎えます。式まで秒読み段階となっている今、まずはみんなが元気で当日を迎えられること、そして親子で式に出席できること、これが何よりの希望です。そんな中、今日は急遽メンバー入りした、卒園生によるお別れパーティーの係さんの最終打ち合わせに参加させてもらいました。たまたま、この間友人のMCさんを紹介することとなり、それがきっかけで。
 この係さん達。今日は10人ほどいらっしゃったでしょうか。皆さん顔見知りがほとんど。そして角が無く、素敵なママばかり。何より、それぞれに敏腕を発揮されているので、当日の段取りは完璧な仕上がりだと思われます(^^)この学年の良さというか、たまたま集まったママさんが波長の合う方ばかりだったのか、居心地の良い時間を過ごせました。そして帰りのバスに乗り込む前に、保護者から花束を用意し、先生方のご協力を頂いて、卒園生からバスのおじさんたちへ**「ありがとうの花束」を贈呈するセレモニー**の時間を設けてもらいました。良い想い出となりました。
 子どもにとって幼稚園に通う時期がどういう時期にあたるのか、親がどう捉えているか、そしてどのような環境が良いのか。これは家庭での考え方次第と言えますよね。私はあまり深く考えずに長男を入園させましたが、今では「通わせて良かった」の気持ちですし、姉妹ももちろん最後まで通わせるつもりで考えています。経済的に余裕のある訳でもなく私立を選びましたが、子どもにとっては充実した、今後に於いても意味深い幼稚園生活だったと思います。私もレッスンを行う中で、生徒さんにそんな素敵な時間を与えられる自分でありたいな、と思います☆”



2012. 2.13(月) 

 2月は「逃げる」3月は「去る」。ホントに今月も言葉の通り早いです。昔の人は上手く言ったもんですね。2/11に幼稚園では今年度最後となる大きな行事「表現会」がありました。晴天にも恵まれ、子ども達も風邪を引いたりはありましたが、元気に本番に参加できたことは、この上ない喜びでした。1つ1つ階段を上り成長していく子ども達の姿に、微笑みいっぱい感動いっぱい。特に年長となる息子の姿は台詞もたくさんあり、お遊戯にお歌、見る所が豊富なだけに、感動はひとしおでした。やはり第一子ゆえなのでしょうかね(^−^)
 残すは来月の卒園式。息子はどんな面持ちでその日を迎え、4月の入学式を迎えるのでしょう。親も初めてのことだらけ。共にがんばろうと思います。益々忙しくなりそうです。インフルエンザの流行がすごいようですが、みなさんはお変わりないでしょうか?レッスンに来られている生徒さんの中にも大変だった方がいらっしゃいましたが・・今年はすごい強さでしたね。発症してしまった方をはじめ、今現在大変な方、どうぞお大事になさってくださいね。



2012. 1.18(水) 

 今日、姉妹で体験レッスンに来てくれました。小学校1年生と幼稚園の年中さん。ちょうど妹さんの方は我が家と同じ幼稚園とのことで、これまで通いながら全く接点がなかったので、ママさんからお声をかけて頂いてびっくりでした。ママさんご自身が娘にピアノをずっと習わせたい気持ちがおありだったようなのですが、なかなかタイミングがつかめずに今に至ってしまったのだとか。そぅ。ホントにタイミングって難しいですよね。いざって思った時がその時というか。子どもの習い事は、親の気持ち次第だなと、私もわが子と接する中で痛感しているところです。
 教材は『ぴあのどりーむ』と『バーナム』を弾いてもらい、とても楽しかった様子(^^)何よりです♪もしお二人で通われるならば、それを利点として、二人で聴き取りやワークなどをしながら1時間のレッスンを進められたら、とご説明しました。ピアノが好き。その気持ちが本当に大事なところですよね。



2012. 1. 6(金) 

 2012年のスタートです。みなさんにとっても、私にとりましても、また良き1年となりますように願うばかりです。がしかし・・クリスマス前〜三が日まで、子ども達が3人とも次々にウイルス風邪で発熱の日々を過ごし、私にとりましては、なかなかダークな年明けだったかもしれません。年末年始、せっかく穏やかなお天気に恵まれていたのに残念です。ですが、それも捉え方次第で、『子どもの状態も救急等に走らず自宅で自分が看て過ごせられただけラッキー』と思えば、少し気持ちも違ったり。
 人は、ついつい他人(ひと)と比較して生きていくところがありますね。そうしてばかりじゃいけないけれど、そうしないと超えられない時も多々ある。人ってそういうものだと思います。本年の抱負を挙げるならば「前向きに歩く。ひとつひとつを大きく気にせず、広い気持ちでいこう。」でしょうか。本年も宜しくお願い致します。


■Moderaトップページ
■プロフィール
■指導方針
■レッスン内容
■レッスン代
■無料で体験レッスン!
■環境
■所在地
■過去のご案内
♪ Last update 2019. 9.13
ピアノ教室・ピアノレッスンの情報をお探しならピアノ教室.comで!